日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースのリソースグループをバックアップする

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

リソースグループは、ホストまたはクラスタ上のリソースの集まりです。リソースグループのバックアップ処理は、リソースグループに定義されているすべてのリソースを対象に実行されます。

リソースグループは、リソースページからオンデマンドでバックアップできます。リソースグループにポリシーが適用され、かつスケジュールが設定されている場合は、スケジュールに従って自動的にバックアップが実行されます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 ] リストから [ * リソースグループ * ] を選択します。

      リソースグループを検索するには、検索ボックスにリソースグループ名を入力するか、 * をクリックします* をクリックし、タグを選択します。次に、 * をクリックします* をクリックすると、フィルタペインが閉じます。

    3. [ リソースグループ ] ページで、バックアップするリソースグループを選択し、 [ 今すぐバックアップ * ] をクリックします。

      注記 2 つのデータベースが統合されたリソースグループがある場合に、一方のデータベースのデータファイルがネットアップ以外のストレージにあると、もう一方のデータベースがネットアップストレージにあっても、バックアップ処理は中止されます。
    4. [ バックアップ ] ページで、次の手順を実行します。

      1. 複数のポリシーをリソースグループに関連付けている場合は、「 * Policy * 」ドロップダウンリストから、バックアップに使用するポリシーを選択します。

        オンデマンドバックアップ用に選択したポリシーがバックアップスケジュールに関連付けられている場合は、スケジュールタイプに指定した保持設定に基づいてオンデマンドバックアップが保持されます。

      2. [ バックアップ ] をクリックします。

    5. 操作の進行状況を監視するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。

  • 終了後 *

  • AIX のセットアップでは 'lkdev コマンドを使用してロックし 'rendev コマンドを使用して ' バックアップされたデータベースが存在するディスクの名前を変更できます

    デバイスのロックまたは名前変更は、そのバックアップを使用してリストアしても、リストア処理には影響しません。

  • データベースクエリの実行時間がタイムアウト値を超えたためにバックアップ処理が失敗した場合は、 Set-SmConfigSettings コマンドレットを実行して ORACLE_SQL_QUERY_TIMEOUT パラメータと ORACLE_PLUGIN_SQL_QUERY_TIMEOUT パラメータの値を変更します。

    パラメータの値を変更したら、次のコマンド '/opt/NetApp/snapcenter /spl/bin/spl restart ' を実行して、 SnapCenter Plug-in Loader ( SPL )サービスを再起動します

  • ファイルにアクセスできず、検証プロセス中にマウントポイントを使用できないと、エラーコード DBV-00100 specified file が表示されて処理が失敗することがあります。sco.properties の verification_delay パラメータと verification_retry_count パラメータの値を変更する必要があります。

    パラメータの値を変更したら、次のコマンド '/opt/NetApp/snapcenter /spl/bin/spl restart ' を実行して、 SnapCenter Plug-in Loader ( SPL )サービスを再起動します