日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動検出された SAP HANA データベースのリストア処理のタイプ

寄稿者 netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter では、自動検出された SAP HANA データベースについて、 Volume-Based SnapRestore ( VBSR )、 Single File SnapRestore 、 Connect and Copy のリストアタイプがサポートされています。

NFS 環境で Volume-Based SnapRestore ( VBSR )を使用すると、次のようなシナリオが発生します。

  • リストア用に選択されたバックアップが SnapCenter 4.3 より前のリリースで実行され ' Complete Resource オプションが選択されている場合のみ

  • リストア用に選択されたバックアップが SnapCenter 4.3 で選択されていて、 * Volume Revert * オプションが選択されている場合

NFS 環境で単一ファイル SnapRestore を実行するシナリオを次に示します。

  • リストア用に選択したバックアップが SnapCenter 4.3 で実行されていて、 [ リソースを完全にバックアップ ] オプションのみが選択されている場合

  • マルチテナントデータベースコンテナ( MDC )の場合は、リストア対象に選択されたバックアップが SnapCenter 4.3 で作成され、「 * テナントデータベース * 」オプションが選択されているとみなされます

  • バックアップを SnapMirror または SnapVault セカンダリの場所から選択し、 * Complete Resource * オプションが選択されている場合

単一ファイル SnapRestore は、次のような状況で SAN 環境で実行されます。

  • SnapCenter 4.3 より前のリリースでバックアップを作成する場合、 [ リソースの完了 ] オプションが選択されている場合のみ

  • SnapCenter 4.3 でバックアップを実行する場合、 * Complete Resource * オプションが選択されている場合のみ

  • SnapMirror または SnapVault セカンダリストレージからバックアップを選択し、 * Complete Resource * オプションを選択した場合

Connect and Copy ベースのリストアは、 SAN 環境で次のシナリオに基づいて実行されます。

  • MDC の場合は、リストア用に選択されたバックアップが SnapCenter 4.3 で作成され、 * テナントデータベース * オプションが選択されている場合

注記 * リソース全体 * 、 * ボリューム復帰 * 、 * テナントデータベース * の各オプションは、 [ リストア範囲 ] ページから選択できます。