日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースの保護を準備する

寄稿者 netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

バックアップ、クローニング、リストアなどのデータ保護処理を実行する場合は、事前に戦略を定義し、環境をセットアップする必要があります。また、 SnapVault サーバで SnapMirror テクノロジと SnapCenter テクノロジを使用するように設定することもできます。

SnapVault テクノロジと SnapMirror テクノロジを活用するには、ストレージデバイス上のソースボリュームとデスティネーションボリューム間のデータ保護関係を設定して初期化する必要があります。これらのタスクを実行するには、 NetAppSystem Manager を使用するか、ストレージコンソールのコマンドラインを使用します。

Plug-in for Oracle Database を使用する前に、 SnapCenter 管理者が SnapCenter Server のインストールと設定を行い、前提条件となるタスクを実行する必要があります。

  • SnapCenter サーバをインストールして設定します。 "詳細はこちら。"

  • ストレージシステム接続を追加して SnapCenter 環境を設定します。 "詳細はこちら。"

    注記 SnapCenter では、異なるクラスタにある同じ名前の SVM は複数サポートされません。SVM 登録またはクラスタ登録を使用して SnapCenter に登録する SVM は、それぞれ一意である必要があります。
  • インストールユーザ用に、認証モードを Linux または AIX に設定してクレデンシャルを作成します。 "詳細はこちら。"

  • ホストを追加し、プラグインをインストールし、リソースを検出します。

  • VMware RDM LUN または VMDK に存在する Oracle データベースを SnapCenter Server で保護する場合は、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を導入して、 SnapCenter にプラグインを登録する必要があります。

  • Linux または AIX ホストに Java をインストールします。

    を参照してください "Linux ホストの要件" または を参照してください。

  • アプリケーションファイアウォールのタイムアウト値は 3 時間以上に設定する必要があります。

  • NFS 環境で Oracle データベースを使用している場合は、マウント、クローニング、検証、リストアの各処理を実行できるように、プライマリストレージまたはセカンダリストレージ用に少なくとも 1 つの NFS データ LIF を設定しておく必要があります。

  • データパス( LIF )が複数ある場合、または dNFS 構成を使用している場合は、データベースホストで SnapCenter CLI を使用して次の作業を実行できます。

    • デフォルトでは、データベースホストのすべての IP アドレスが、クローンボリュームの Storage Virtual Machine ( SVM )の NFS ストレージエクスポートポリシーに追加されます。特定の IP アドレスを使用する場合、または IP アドレスのサブセットに制限する場合は、 Set-PreferredHostIPsInStorageExportPolicy CLI を実行します。

    • SVM に複数のデータパス( LIF )がある場合は、 NFS クローンボリュームをマウントするための適切なデータパス( LIF )が SnapCenter によって選択されます。ただし、特定のデータパス( LIF )を指定する場合は、 Set-SvmPreferredDataPath CLI を実行する必要があります。詳細については、コマンドリファレンスガイドを参照してください。

  • SAN 環境で Oracle データベースを使用している場合は、次のガイドに記載された推奨事項に従って SAN 環境が設定されていることを確認してください。

  • Oracle Linux または RHEL オペレーティングシステムの LVM で Oracle データベースを使用している場合は、最新バージョンの論理ボリューム管理( LVM )をインストールします。

  • SnapManager for Oracle を使用していて、 SnapCenter Plug-in for Oracle Database に移行する場合は、 sccli コマンド sc-migrate を使用して、プロファイルを SnapCenter のポリシーおよびリソースグループに移行できます。

  • バックアップレプリケーションが必要である場合は、 ONTAP で SnapMirror と SnapVault を設定します

SnapCenter 4.1.1 ユーザの場合、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.1.1 のドキュメントには、仮想化されたデータベースとファイルシステムの保護に関する情報が記載されています。SnapCenter 4.2.x ユーザの場合、 NetApp Data Broker 1.0 および 1.0.1 のドキュメントでは、 Linux ベースの NetApp Data Broker 仮想アプライアンス(オープン仮想アプライアンス形式)が提供する SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を使用して、仮想化されたデータベースとファイルシステムを保護する方法について説明しています。SnapCenter 4.3.x を使用する場合は、 Linux ベースの SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 仮想アプライアンス(オープン仮想アプライアンス形式)を使用して仮想化されたデータベースとファイルシステムを保護する方法について、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.3 のドキュメントを参照してください。