日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

可用性グループデータベースを再シードしています

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

再シードは、可用性グループ( AG )データベースをリストアするためのオプションです。セカンダリデータベースが AG 内のプライマリデータベースと同期していない場合は、セカンダリデータベースを再シードできます。

  • 必要なもの *

  • リストアするセカンダリ AG データベースのバックアップを作成しておく必要があります。

  • SnapCenter サーバとプラグインホストに同じ SnapCenter バージョンがインストールされている必要があります。

  • このタスクについて *

  • プライマリデータベースには再シード処理を実行できません。

  • 可用性グループからレプリカデータベースが削除された場合は、再シード処理を実行できません。レプリカを削除すると、再シード処理が失敗します。

  • SQL 可用性グループデータベースで再シード処理を実行する場合、その可用性グループデータベースのレプリカデータベースでログバックアップをトリガーしないでください。再シード処理中にログバックアップをトリガーすると、ミラーデータベースの再シード処理が失敗し、「 database_name 」にはプリンシパルデータベースのログバックアップチェーンを保持するための十分なトランザクションログデータがありませんというエラーメッセージが表示されます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 [* リソース ] をクリックし、リストから [ SnapCenter Plug-in for SQL Server] を選択します。

    2. [ * リソース * ] ページで、 [ * 表示 ] リストから [ * データベース * ] を選択します。

    3. リストからセカンダリ AG データベースを選択します。

    4. [Reseed-*] をクリックします。

    5. 操作の進行状況を監視するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。