日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for SQL Server の Storage Disaster Recovery ( DR ;ストレージディザスタリカバリ)

SnapCenter Plug-in for SQL Server ストレージをリカバリするには、グローバル設定ページでストレージの DR モードを有効にします。

  • 必要なもの *

  • プラグインがメンテナンスモードになっていることを確認します。

  • SnapMirror / SnapVault 関係を解除"SnapMirror 関係を解除します"

  • セカンダリの LUN を、同じドライブレターを使用してホストマシンに接続します。

  • DR の前に使用したのと同じドライブレターを使用して、すべてのディスクが接続されていることを確認してください。

  • MSSQL サーバサービスを再起動します。

  • SQL リソースがオンラインに戻っていることを確認します。

  • このタスクについて *

ディザスタリカバリ( DR )は、 VMDK 構成と RDM 構成ではサポートされていません。

  • 手順 *

    1. 設定ページで、 * 設定 * > * グローバル設定 * > * ディザスタ・リカバリ * と進みます。

    2. [Enable Disaster Recovery] を選択します。

    3. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    4. DR ジョブが有効になっているかどうかを確認するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。

  • 終了後 *

  • フェイルオーバー後に新しいデータベースが作成されると、データベースは非 DR モードになります。

    新しいデータベースは、フェイルオーバー前と同様に動作します。

  • DR モードで作成された新しいバックアップは、トポロジページの SnapMirror または SnapVault (セカンダリ)の下に表示されます。

    新しいバックアップの横に「 i 」アイコンが表示され、 DR モードで作成されたバックアップであることが示されます。

  • フェイルオーバー時に作成された SnapCenter Plug-in for SQL Server のバックアップは、 UI またはコマンドレットの「 Remove-SmBackup 」を使用して削除できます

  • フェールオーバー後に、一部のリソースを非 DR モードにする場合は、「 Remove-SmResourceDRMode 」コマンドレットを使用します

    詳細については、を参照してください "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"

  • SnapCenter サーバは、 DR モードまたは非 DR モードの個々のストレージリソース( SQL データベース)を管理しますが、 DR モードまたは非 DR モードのストレージリソースを含むリソースグループは管理しません。