日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Exchange リソースをバックアップに使用できるかどうかを確認します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

リソースとは、インストールしたプラグインで管理されているデータベースと Exchange データベース可用性グループです。リソースをリソースグループに追加することでデータ保護ジョブを実行できますが、その前に利用可能なリソースを特定しておく必要があります。使用可能なリソースを確認することで、プラグインのインストールが正常に完了したことの確認にもなります。

  • 必要なもの *

  • SnapCenter サーバのインストール、ホストの追加、ストレージシステム接続の作成、クレデンシャルの追加、 Plug-in for Exchange のインストールなどのタスクを完了しておく必要があります。

  • Single Mailbox Recovery ソフトウェアの機能を利用するには、 Single Mailbox Recovery ソフトウェアがインストールされている Exchange サーバ上に、アクティブデータベースを配置する必要があります。

  • データベースが VMware RDM LUN にある場合は、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を導入し、 SnapCenter に登録する必要があります。。 "SnapCenter Plug-in for VMware vSphere のドキュメント" に詳細を示します。

  • このタスクについて *

  • [ 詳細 ] ページの [ 全体のステータス *] オプションが [ バックアップに使用できない ] に設定されている場合は、データベースをバックアップできません。次のいずれかに該当する場合、 * Overall Status * オプションはバックアップに使用できない状態に設定されます。

    • データベースが NetApp LUN 上にない。

    • データベースが正常な状態でない。

      マウント、アンマウント、再シード、またはリカバリを保留中の状態のデータベースは、正常な状態ではありません。

  • Database Availability Group ( DAG ;データベース可用性グループ)がある場合は、 DAG からバックアップジョブを実行して、グループ内のすべてのデータベースをバックアップできます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 [ リソース ] をクリックし、 [ リソース ] ページの左上にあるプラグインのドロップダウンリストから [Microsoft Exchange Server*] を選択します。

    2. リソースページで、 * 表示 * ドロップダウン・リストから * データベース * 、 * データベース可用性グループ * 、または * リソース・グループ * を選択します。

      をクリックします をクリックし、ホスト名と Exchange サーバを選択してリソースをフィルタリングします。をクリックします をクリックしてフィルタペインを閉じます。

    3. [ リソースの更新 ] をクリックします。

      新しく追加、名前変更、または削除されたリソースは、 SnapCenter サーバインベントリに更新されます。

      リソースは、リソース名、データベース可用性グループ名、データベースが現在アクティブであるサーバ、コピーを備えたサーバ、前回のバックアップ時刻、全体的なステータスなどの情報とともに表示されます。

      • ネットアップ以外のストレージにデータベースがある場合、バックアップに使用できない状態は Overall Status 列に表示されます。

        DAG では、アクティブなデータベースコピーがネットアップ以外のストレージにある場合に、少なくとも 1 つのパッシブデータベースコピーがネットアップストレージにあると、「全体のステータス」列には保護されていないと表示されます。

    ネットアップ以外のストレージタイプのデータベースには、データ保護処理を実行できません。

    • データベースがネットアップストレージ上にあり、保護されていない場合は、「 * Overall Status * 」列に保護されていないことが表示されます。

    • データベースがネットアップストレージシステム上にあり、保護されている場合、ユーザインターフェイスの「バックアップ実行なし」というメッセージが「総合ステータス」列に表示されます。

    • データベースがネットアップストレージシステム上にあり、保護されている場合に、データベースのバックアップがトリガされると、ユーザインターフェイスの「 Backup succeeded 」というメッセージが「 * Overall Status * 」列に表示されます。