日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データベースを自動的に検出します

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

リソースとは、 SnapCenter で管理されている Linux ホスト上の SAP HANA データベースと非データボリュームです。使用可能な SAP HANA データベースを検出したあと、それらのリソースをリソースグループに追加してデータ保護処理を実行できます。

  • 必要なもの *

  • SnapCenter サーバのインストール、 HDB ユーザ・ストア・キーの追加、ホストの追加、ストレージ・システム接続の設定などの作業を完了しておく必要があります。

  • Linux ホストで HDB Secure User Store Key および HDB SQL OS ユーザを設定しておく必要があります。

    • SID adm ユーザーを使用して HDB ユーザーストアキーを構成する必要がありますたとえば、 A22 を SID として使用する HANA システムの場合、 HDB User Store Key は a22adm で構成する必要があります。

  • SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database では、 RDM / VMDK 仮想環境にあるリソースの自動検出はサポートされません。データベースを手動で追加する場合は、仮想環境のストレージ情報を指定する必要があります。

  • このタスクについて *

プラグインをインストールすると、その Linux ホスト上のすべてのリソースが自動的に検出され、リソースページに表示されます。

自動で検出されたリソースは変更または削除できません。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Resources * をクリックし、リストから Plug-in for SAP HANA Database を選択します。

    2. [* リソース *] ページで、 [ 表示 ] リストからリソースタイプを選択します。

    3. (オプション) * をクリックします* をクリックし、ホスト名を選択します。

      次に、 * をクリックします* をクリックすると、フィルタペインが閉じます。

    4. [* リソースの更新 * ] をクリックして、ホストで使用可能なリソースを検出します。

      リソースは、リソースタイプ、ホスト名、関連するリソースグループ、バックアップタイプ、ポリシー、全体的なステータスなどの情報とともに表示されます。

      • データベースがネットアップストレージ上にあり、保護されていない場合は、総体的なステータス列に Not protected と表示されます。

      • データベースがネットアップストレージシステム上にあり、保護されている場合に、バックアップ処理が実行されていないと、 [ 全体のステータス ] 列に [ バックアップが実行されていません ] と表示されます。それ以外の場合は、前回のバックアップステータスに基づいて、「 Backup failed 」または「 Backup succeeded 」に変わります。

注記 SAP HANA データベースで HDB Secure User Store Key が設定されていない場合は、リソースの横に赤い南京錠のアイコンが表示されます。その後の検出操作中に、設定されている HDB Secure User Store Key が正しくないか、データベース自体へのアクセスを提供していない場合は、赤い南京錠のアイコンが再表示されます。
  • 終了後 *

データ保護処理を実行するには、データベースを保護できるように HDB Secure User Store Key および HDBSQL OS ユーザを設定するか、またはリソースグループにこのキーを追加する必要があります。