日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用してバックアップをクローニングする

寄稿者 netapp-nsriram このページの PDF をダウンロード

クローニングワークフローには、計画、クローニング処理の実行、および処理の監視が含まれます。

PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

  • 手順 *

    1. Open-SmConnection コマンドレットを使用して、指定したユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

      Open-SmConnection  -SMSbaseurl  https://snapctr.demo.netapp.com:8146
    2. Get-SmBackup コマンドレットまたは Get-SmResourceGroup コマンドレットを使用して、クローニングできるバックアップのリストを表示します。

      この例は、使用可能なすべてのバックアップに関する情報を表示します。

      C:\PS>PS C:\> Get-SmBackup
      
      BackupId   BackupName                     BackupTime   BackupType
      --------   ----------                     ----------   ----------
      1          Payroll Dataset_vise-f6_08...  8/4/2015     Full Backup
                                                11:02:32 AM
      
      2          Payroll Dataset_vise-f6_08...  8/4/2015
                                                11:23:17 AM

      この例では、指定したリソースグループとそのリソース、および関連ポリシーに関する情報を表示しています。

      PS C:\> Get-SmResourceGroup -ListResources –ListPolicies
      
      Description :
      CreationTime : 8/4/2015 3:44:05 PM
      ModificationTime : 8/4/2015 3:44:05 PM
      EnableEmail : False
      EmailSMTPServer :
      EmailFrom :
      EmailTo :
      EmailSubject :
      EnableSysLog : False
      ProtectionGroupType : Backup
      EnableAsupOnFailure : False
      Policies : {FinancePolicy}
      HostResourceMaping : {}
      Configuration : SMCoreContracts.SmCloneConfiguration
      LastBackupStatus :
      VerificationServer :
      EmailBody :
      EmailNotificationPreference : Never
      VerificationServerInfo : SMCoreContracts.SmVerificationServerInfo
      SchedulerSQLInstance :
      CustomText :
      CustomSnapshotFormat :
      SearchResources : False
      ByPassCredential : False
      IsCustomSnapshot :
      MaintenanceStatus : Production
      PluginProtectionGroupTypes : {SMSQL}
      Name : Payrolldataset
      Type : Group
      Id : 1
      Host :
      UserName :
      Passphrase :
      Deleted : False
      Auth : SMCoreContracts.SmAuth
      IsClone : False
      CloneLevel : 0
      ApplySnapvaultUpdate : False
      ApplyRetention : False
      RetentionCount : 0
      RetentionDays : 0
      ApplySnapMirrorUpdate : False
      SnapVaultLabel :
      MirrorVaultUpdateRetryCount : 7
      AppPolicies : {}
      Description : FinancePolicy
      PreScriptPath :
      PreScriptArguments :
      PostScriptPath :
      PostScriptArguments :
      ScriptTimeOut : 60000
      DateModified : 8/4/2015 3:43:30 PM
      DateCreated : 8/4/2015 3:43:30 PM
      Schedule : SMCoreContracts.SmSchedule
      PolicyType : Backup
      PluginPolicyType : SMSQL
      Name : FinancePolicy
      Type :
      Id : 1
      Host :
      UserName :
      Passphrase :
      Deleted : False
      Auth : SMCoreContracts.SmAuth
      IsClone : False
      CloneLevel : 0
      clab-a13-13.sddev.lab.netapp.com
      DatabaseGUID :
      SQLInstance : clab-a13-13
      DbStatus : AutoClosed
      DbAccess : eUndefined
      IsSystemDb : False
      IsSimpleRecoveryMode : False
      IsSelectable : True
      SqlDbFileGroups : {}
      SqlDbLogFiles : {}
      AppFileStorageGroups : {}
      LogDirectory :
      AgName :
      Version :
      VolumeGroupIndex : -1
      IsSecondary : False
      Name : TEST
      Type : SQL Database
      Id : clab-a13-13\TEST
      Host : clab-a13-13.sddev.mycompany.com
      UserName :
      Passphrase :
      Deleted : False
      Auth : SMCoreContracts.SmAuth
      IsClone : False
    3. New-SmClone コマンドレットを使用して、既存のバックアップからクローニング処理を開始する。

      この例では、指定したバックアップからすべてのログを含めてクローンを作成しています。

      PS C:\> New-SmClone
      -BackupName payroll_dataset_vise-f3_08-05-2015_15.28.28.9774
      -Resources @{"Host"="vise-f3.sddev.mycompany.com";
      "Type"="SQL Database";"Names"="vise-f3\SQLExpress\payroll"}
      -CloneToInstance vise-f3\sqlexpress -AutoAssignMountPoint
      -Suffix _clonefrombackup
      -LogRestoreType All -Policy clonefromprimary_ondemand
      
      PS C:> New-SmBackup -ResourceGroupName PayrollDataset -Policy FinancePolicy

      この例では、指定した Microsoft SQL Server インスタンスのクローンを作成しています。

      PS C:\> New-SmClone
      -BackupName "BackupDS1_NY-VM-SC-SQL_12-08-2015_09.00.24.8367"
      -Resources @{"host"="ny-vm-sc-sql";"Type"="SQL Database";
      "Names"="ny-vm-sc-sql\AdventureWorks2012_data"}
      -AppPluginCode SMSQL -CloneToInstance "ny-vm-sc-sql"
      -Suffix _CLPOSH -AssignMountPointUnderPath "C:\SCMounts"
    4. Get-SmCloneReport コマンドレットを使用して、クローニングジョブのステータスを表示します。

      この例では、指定したジョブ ID のクローンレポートを表示しています。

    PS C:\> Get-SmCloneReport -JobId 186
    
    SmCloneId : 1
    SmJobId : 186
    StartDateTime : 8/3/2015 2:43:02 PM
    EndDateTime : 8/3/2015 2:44:08 PM
    Duration : 00:01:06.6760000
    Status : Completed
    ProtectionGroupName : Draper
    SmProtectionGroupId : 4
    PolicyName : OnDemand_Clone
    SmPolicyId : 4
    BackupPolicyName : OnDemand_Full_Log
    SmBackupPolicyId : 1
    CloneHostName : SCSPR0054212005.mycompany.com
    CloneHostId : 4
    CloneName : Draper__clone__08-03-2015_14.43.53
    SourceResources : {Don, Betty, Bobby, Sally}
    ClonedResources : {Don_DRAPER, Betty_DRAPER, Bobby_DRAPER,
                       Sally_DRAPER}

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"