日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用して Exchange リソースをバックアップします

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Exchange Server データベースをバックアップする場合は、 SnapCenter サーバとの接続を確立し、 Exchange サーバデータベースを検出し、ポリシーの追加、バックアップリソースグループの作成、バックアップ、およびバックアップステータスの表示を行います。

  • 必要なもの *

  • PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

  • ストレージシステム接続を追加し、クレデンシャルを作成しておく必要があります。

  • ホストを追加し、リソースを検出しておく必要があります。

注記 Plug-in for Exchange ではクローン操作はサポートされません。そのため、 Add-SmPolicy コマンドレットの CloneType パラメータは Plug-in for Exchange ではサポートされていません
  • 手順 *

    1. Open-SmConnection コマンドレットを使用して、指定したユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

      Open-smconnection  -SMSbaseurl  https://snapctr.demo.netapp.com:8146/

      ユーザ名とパスワードのプロンプトが表示されます。

    2. Add-SmPolicy コマンドレットを使用してバックアップポリシーを作成します。

      この例では、フルバックアップとログバックアップの Exchange バックアップタイプを指定して新しいバックアップポリシーを作成しています。

      C:\PS> Add-SmPolicy -PolicyName SCE_w2k12_Full_Log_bkp_Policy -PolicyType Backup -PluginPolicytype SCE -SceBackupType FullBackupAndLogBackup -BackupActiveCopies

      この例では、時間単位のフルバックアップとログバックアップ Exchange バックアップを指定して、新しいバックアップポリシーを作成します。

      C:\PS> Add-SmPolicy -PolicyName SCE_w2k12_Hourly_Full_Log_bkp_Policy -PolicyType Backup -PluginPolicytype SCE -SceBackupType FullBackupAndLogBackup -BackupActiveCopies -ScheduleType Hourly -RetentionSettings @{'BackupType'='DATA';'ScheduleType'='Hourly';'RetentionCount'='10'}

      この例では、 Exchange ログのみをバックアップする新しいバックアップポリシーを作成しています。

      Add-SmPolicy -PolicyName SCE_w2k12_Log_bkp_Policy -PolicyType Backup -PluginPolicytype SCE -SceBackupType LogBackup -BackupActiveCopies
    3. Get-SmResources コマンドレットを使用して、ホストリソースを検出します。

      この例では、指定したホスト上で Microsoft Exchange Server プラグインのリソースを検出しています。

      C:\PS> Get-SmResources -HostName vise-f6.sddev.mycompany.com -PluginCode SCE
    4. Add-SmResourceGroup コマンドレットを使用して、新しいリソースグループを SnapCenter に追加します。

      この例では、ポリシーとリソースを指定して新しい Exchange Server データベースバックアップリソースグループを作成しています。

      C:\PS> Add-SmResourceGroup -ResourceGroupName SCE_w2k12_bkp_RG -Description 'Backup ResourceGroup with Full and Log backup policy' -PluginCode SCE -Policies SCE_w2k12_Full_bkp_Policy,SCE_w2k12_Full_Log_bkp_Policy,SCE_w2k12_Log_bkp_Policy -Resources @{'Host'='sce-w2k12-exch';'Type'='Exchange Database';'Names'='sce-w2k12-exch.sceqa.com\sce-w2k12-exch_DB_1,sce-w2k12-exch.sceqa.com\sce-w2k12-exch_DB_2'}

      この例では、ポリシーとリソースを指定して新しい Exchange Database Availability Group ( DAG ;データベース可用性グループ)バックアップリソースグループを作成しています。

      Add-SmResourceGroup -ResourceGroupName SCE_w2k12_bkp_RG -Description 'Backup ResourceGroup with Full and Log backup policy' -PluginCode SCE -Policies SCE_w2k12_Full_bkp_Policy,SCE_w2k12_Full_Log_bkp_Policy,SCE_w2k12_Log_bkp_Policy -Resources @{"Host"="DAGSCE0102";"Type"="Database Availability Group";"Names"="DAGSCE0102"}
    5. New-SmBackup コマンドレットを使用して、新しいバックアップジョブを開始する。

      C:\PS> New-SmBackup -ResourceGroupName SCE_w2k12_bkp_RG -Policy SCE_w2k12_Full_Log_bkp_Policy

      この例では、セカンダリストレージに新しいバックアップを作成します。

      New-SMBackup -DatasetName ResourceGroup1 -Policy Secondary_Backup_Policy4
    6. Get-SmBackupReport コマンドレットを使用して、バックアップジョブのステータスを表示します。

      次の例は、指定した日付に実行されたすべてのジョブの概要レポートを表示します。

      C:\PS> Get-SmJobSummaryReport -Date ?1/27/2018?

      次の例は、特定のジョブ ID のジョブ概要レポートを表示します。

    C:\PS> Get-SmJobSummaryReport -JobId 168

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照してください "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"