日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用してデータベースをバックアップします

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

データベースをバックアップするときは、 SnapCenter サーバとの接続を確立してから、リソースの追加、ポリシーの追加、バックアップリソースグループの作成を行って、バックアップを実行します。

  • 必要なもの *

  • PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

  • ストレージシステム接続を追加し、クレデンシャルを作成しておく必要があります。

  • 手順 *

    1. Open-SmConnection コマンドレットを使用して、指定したユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

      Open-smconnection  -SMSbaseurl  https:\\snapctr.demo.netapp.com:8146\

      ユーザ名とパスワードのプロンプトが表示されます。

    2. Add-SmResources コマンドレットを使用してリソースを追加します。

      この例は、 SingleContainer タイプの SAP HANA データベースを追加する方法を示しています。

      C:\PS> Add-SmResource -HostName '10.232.204.42' -PluginCode 'HANA' -DatabaseName H10 -ResourceType SingleContainer -StorageFootPrint (@{"VolumeName"="HanaData10";"StorageSystem"="vserver_scauto_primary"}) -SID 'H10' -filebackuppath '/tmp/HanaFileLog' -userstorekeys 'HS10' -osdbuser 'h10adm' -filebackupprefix 'H10_'

      この例は、 MultipleContainers タイプの SAP HANA データベースを追加する方法を示しています。

      C:\PS> Add-SmResource -HostName 'vp-hana2.gdl.englab.netapp.com' -PluginCode 'HANA' -DatabaseName MDC_MT -ResourceType MultipleContainers -StorageFootPrint (@{"VolumeName"="VP_HANA2_data";"StorageSystem"="buck.gdl.englab.netapp.com"}) -sid 'A12' -userstorekeys 'A12KEY' -TenantType 'MultiTenant'

      次の例は、データボリューム以外のリソースを作成する方法を示しています。

      C:\PS> Add-SmResource -HostName 'SNAPCENTERN42.sccore.test.com' -PluginCode 'hana' -ResourceName NonDataVolume -ResourceType NonDataVolume -StorageFootPrint (@{"VolumeName"="ng_pvol";"StorageSystem"="vserver_scauto_primary"}) -sid 'S10'
    3. Add-SmPolicy コマンドレットを使用してバックアップポリシーを作成します。

      この例では、 Snapshot コピーベースのバックアップのバックアップポリシーを作成しています。

      C:\PS> Add-SmPolicy -PolicyName hana_snapshotbased -PolicyType Backup -PluginPolicyType hana -BackupType SnapShotBasedBackup

      この例では、ファイルベースのバックアップのバックアップポリシーを作成しています。

      C:\PS> Add-SmPolicy -PolicyName hana_Filebased -PolicyType Backup -PluginPolicyType hana -BackupType FileBasedBackup
    4. Add-SmResourceGroup コマンドレットを使用して、リソースを保護するか、新しいリソースグループを SnapCenter に追加します。

      この例では、単一コンテナのリソースを保護しています。

      C:\PS> Add-SmProtectResource -PluginCode HANA  -Policies hana_snapshotbased,hana_Filebased
       -Resources @{"Host"="host.example.com";"UID"="SID"} -Description test -usesnapcenterwithoutfilesystemconsistency

      この例では、複数コンテナのリソースを保護しています。

      C:\PS> Add-SmProtectResource -PluginCode HANA  -Policies hana_snapshotbased,hana_Filebased
       -Resources @{"Host"="host.example.com";"UID"="MDC\SID"} -Description test -usesnapcenterwithoutfilesystemconsistency

      この例では、ポリシーとリソースを指定して新しいリソースグループを作成しています。

      C:\PS> Add-SmResourceGroup -ResourceGroupName 'ResourceGroup_with_SingleContainer_MultipleContainers_Resources' -Resources @(@{"Host"="sccorelinux61.sccore.test.com";"Uid"="SID"},@{"Host"="sccorelinux62.sccore.test.com";"Uid"="MDC\SID"})
        -Policies hana_snapshotbased,hana_Filebased  -usesnapcenterwithoutfilesystemconsistency  -plugincode 'HANA'

      この例では、データボリューム以外のリソースグループを作成しています。

      C:\PS> Add-SmResourceGroup -ResourceGroupName 'Mixed_RG_backup_when_Remove_Backup_throguh_BackupName_windows' -Resources @(@{"Host"="SNAPCENTERN42.sccore.test.com";"Uid"="H11";"PluginName"="hana"},@{"Host"="SNAPCENTERN42.sccore.test.com";"Uid"="MDC\H31";"PluginName"="hana"},@{"Host"="SNAPCENTERN42.sccore.test.com";"Uid"="NonDataVolume\S10\NonDataVolume";"PluginName"="hana"}) -Policies hanaprimary
    5. New-SmBackup コマンドレットを使用して、新しいバックアップジョブを開始する。

      この例は、リソースグループをバックアップする方法を示しています。

      C:\PS> New-SMBackup -ResourceGroupName 'ResourceGroup_with_SingleContainer_MultipleContainers_Resources'  -Policy hana_snapshotbased

      この例では、保護されたリソースをバックアップしています。

    C:\PS> New-SMBackup -Resources @{"Host"="10.232.204.42";"Uid"="MDC\SID";"PluginName"="hana"} -Policy hana_Filebased
    1. Get-smJobSummaryReport コマンドレットを使用して、ジョブのステータス(実行中、完了、または失敗)を監視します。

      PS C:\> Get-smJobSummaryReport -JobID 123
    2. Get-SmBackupReport コマンドレットを使用して、リストア処理やクローニング処理を実行するバックアップ ID とバックアップ名など、バックアップジョブの詳細を監視します。

      PS C:\> Get-SmBackupReport -JobId 351
      Output:
      BackedUpObjects           : {DB1}
      FailedObjects             : {}
      IsScheduled               : False
      HasMetadata               : False
      SmBackupId                : 269
      SmJobId                   : 2361
      StartDateTime             : 10/4/2016 11:20:45 PM
      EndDateTime               : 10/4/2016 11:21:32 PM
      Duration                  : 00:00:46.2536470
      CreatedDateTime           : 10/4/2016 11:21:09 PM
      Status                    : Completed
      ProtectionGroupName       : Verify_ASUP_Message_windows
      SmProtectionGroupId       : 211
      PolicyName                : test2
      SmPolicyId                : 20
      BackupName                : Verify_ASUP_Message_windows_scc54_10-04-2016_23.20.46.2758
      VerificationStatus        : NotVerified
      VerificationStatuses      :
      SmJobError                :
      BackupType                : SCC_BACKUP
      CatalogingStatus          : NotApplicable
      CatalogingStatuses        :
      ReportDataCreatedDateTime :

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"