日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストを追加して SnapCenter Custom Plug-ins をインストールするための前提条件

寄稿者

ホストを追加してプラグインパッケージをインストールする前に、すべての要件を満たしておく必要があります。Custom Plug-ins は、 Windows と Linux のどちらの環境でも使用できます。

  • カスタムプラグインを作成しておく必要があります。詳細については、開発者情報を参照してください。

  • MySQL または DB2 アプリケーションを管理する場合は、ネットアップが提供している MySQL および DB2 のカスタムプラグインをダウンロードしておく必要があります。

  • Java 1.8またはJava 11(64ビット)がLinuxホストまたはWindowsホストにインストールされている必要があります。

  • Windows ホストにプラグインをインストールする場合、ビルトインでないクレデンシャルを指定する場合、またはユーザがローカルワークグループユーザに属している場合は、ホストで UAC を無効にする必要があります。

  • カスタムプラグインが、ホストの追加処理を実行するクライアントホストにインストールされている必要があります。

全般

iSCSIを使用している場合は、iSCSIサービスが実行されている必要があります。

SHA512ハッシュ

  • ネットアップが提供するカスタムプラグインでは、カスタムプラグインファイルのSHA512ハッシュを_custom_plugin_checksum_list _ fileに追加しておく必要があります。

    • Linuxホストでは、SHA512ハッシュは、_/var/opt/snapcenter/scc/custom plugin _checksum_list .txt_にあります

    • Windowsホストでは、SHA512ハッシュは_ C:\Program Files\NetApp\SnapManager Plug-in Creator\etc\custom_plugin_schecksum_list .txt_にあります

      カスタムのインストールパスでは、SHA512ハッシュは_<custom path>\NetApp\SnapCenter \Snapcenter Plug-in Creator\etc\custom_plugin_checksum_list .txt_にあります

    custom_plugin_schecksum_listは、SnapCenter によってホストにインストールされたカスタムプラグインの一部です。

  • アプリケーション用に作成したカスタムプラグインについては、次の手順を実行しておく必要があります。

    1. プラグインzipファイルのSHA512ハッシュを生成しました。

      などのオンラインツールを使用できます "SHA512ハッシュ"

    2. 生成されたSHA512ハッシュを新しい行のcustom_plugin_schecksum_listファイルに追加しました。

      コメントは、ハッシュが属するプラグインを識別するために#記号で始まります。

      次に、チェックサムファイルでSHAN512ハッシュを使用する例を示します。

    #ORASCPM
    03721f567a1e4a1cb5569066b9a58af619ee12b1f8713108f81b696cfbdb81c25232fa63d6e6777a2b2a1ec068bb0a93a59a8ade71587182f8bccbe81f7e0ba6

Windows ホスト

  • ローカル管理者権限を持つドメインユーザがあり、リモートホストに対してローカルログイン権限が付与されている必要があります。

  • SnapCenter でクラスタノードを管理する場合は、クラスタ内のすべてのノードに対する管理者権限を持つユーザが必要です。

Linux ホスト

  • root ユーザまたは root 以外のユーザ用にパスワードベースの SSH 接続を有効にしておく必要があります。

  • Java 1.8またはJava 11(64ビット)をLinuxホストにインストールしておく必要があります。

    SnapCenter ServerホストにWindows Server 2019またはWindows Server 2016を使用している場合は、Java 1.8またはJava 11(64ビット)をインストールする必要があります。要件の最新情報については、 Interoperability Matrix Tool ( IMT )を参照してください。

  • いくつかのパスにアクセスできるように root 以外のユーザに sudo 権限を設定する必要があります。visudo Linux ユーティリティを使用して、 /etc/sudoers ファイルに次の行を追加します。

    注記 Sudoバージョン1.8.7以降を使用していることを確認します。
    Cmnd_Alias HPPLCMD = sha224:checksum_value== /home/LINUX_USER/.sc_netapp/snapcenter_linux_host_plugin.bin, /opt/NetApp/snapcenter/spl/installation/plugins/uninstall, /opt/NetApp/snapcenter/spl/bin/spl, /opt/NetApp/snapcenter/scc/bin/scc
    Cmnd_Alias PRECHECKCMD = sha224:checksum_value== /home/LINUX_USER/.sc_netapp/Linux_Prechecks.sh
    Cmnd_Alias CONFIGCHECKCMD = sha224:checksum_value== /opt/NetApp/snapcenter/spl/plugins/scu/scucore/configurationcheck/Config_Check.sh
    Cmnd_Alias SCCMD = sha224:checksum_value== /opt/NetApp/snapcenter/spl/bin/sc_command_executor
    Cmnd_Alias SCCCMDEXECUTOR =checksum_value== /opt/NetApp/snapcenter/scc/bin/sccCommandExecutor
    LINUX_USER ALL=(ALL) NOPASSWD:SETENV: HPPLCMD, PRECHECKCMD, CONFIGCHECKCMD, SCCCMDEXECUTOR, SCCMD
    Defaults: LINUX_USER !visiblepw
    Defaults: LINUX_USER !requiretty

    _linux_user_は、作成したroot以外のユーザの名前です。

    checksum_value_xは、_ C:\ProgramData\NetApp\SnapCenter \Package Repository_に ある* ORACLE_checksum.txt *ファイルから取得できます。

    重要 この例は、独自のデータを作成するための参照としてのみ使用してください。