日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップからのクローニング

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter を使用してバックアップをクローニングすることができます。クローニングはプライマリとセカンダリのどちらのバックアップからも実行できます。クローニング処理の機能は、使用するプラグインによって異なります。

  • 必要なもの *

  • リソースまたはリソースグループをバックアップしておく必要があります。

  • デフォルトのクローニング処理でクローニングされるのは、ストレージオブジェクトのみです。アプリケーションレベルのクローニング処理は、その機能がカスタムプラグインで提供されている場合にのみ実行できます。

  • ボリュームをホストするアグリゲートが Storage Virtual Machine ( SVM )に割り当てられたアグリゲートリストに含まれていることを確認する必要があります。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [* リソース ] ページで、リソースタイプに基づいて [* 表示 *] ドロップダウンリストからリソースをフィルタリングします。

      リソースは、タイプ、ホストまたはクラスタ名、関連するリソースグループとポリシー、ステータスなどの情報とともに表示されます。

    3. リソースまたはリソースグループを選択します。

      リソースグループを選択する場合は、リソースを選択する必要があります。

      リソースまたはリソースグループのトポロジページが表示されます。

    4. [ コピーの管理 ] 表示から、プライマリまたはセカンダリ(ミラーまたはバックアップ)ストレージシステムから [ * バックアップ ] を選択します。

    5. 表からデータバックアップを選択し、をクリックします クローンアイコン

    6. [ ロケーション ] ページで、次の手順を実行します。

      フィールド 手順

      クローンサーバ

      ソースホストがデフォルトで入力されています。

      別のホストを指定する場合は、クローンのマウント先の、プラグインがインストールされたホストを選択します。

      クローンのサフィックス

      クローンデスティネーションがソースと同じ場合は必須です。

      クローニングされた新しいリソース名に付けるサフィックスを入力します。サフィックスにより、クローニングされたリソースがホストで一意になります。

      たとえば、 rs1_clone と指定します。元のリソースと同じホストにクローニングする場合、クローニングされたリソースを元のリソースと区別するためにサフィックスを指定する必要があります。これを行わないと処理は失敗します。

      リソースとして LUN を選択し、セカンダリバックアップからクローニングする場合、デスティネーションボリュームのリストが表示されます。1 つのソースについて複数のデスティネーションボリュームを選択することができます。

    7. [* 設定 * ( * Settings * ) ] ページで、次の手順を実行します。

      フィールド 手順

      イニシエータ名

      IQDN または WWPN のホストイニシエータ名を入力します。

      igroup プロトコル

      igroup プロトコルを選択します。

      注記 設定ページは、ストレージタイプが LUN の場合にのみ表示されます。
    8. Scripts * ページで、クローン処理の前後に実行するプリクローンまたはポストクローン用のコマンドをそれぞれ入力します。ホストにファイルシステムをマウントするには、 mount コマンドを入力します。

      例:

      • クローニング前のコマンド:同じ名前の既存のデータベースを削除します

      • クローニング後のコマンド:データベースの検証やデータベースの起動

        Linux マシンのボリュームまたは qtree に対する mount コマンド: mount<VSERVER_NAME> : %<VOLUME_NAME_Clone /mnt>

    9. [Notification] ページの [*Email preference] ドロップダウンリストから、電子メールを送信するシナリオを選択します。

      また、送信者と受信者の E メールアドレス、および E メールの件名を指定する必要があります。

    10. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

    11. 操作の進行状況を監視するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。