日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストを追加し、プラグインパッケージをリモートホストにインストールする

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

ホストを追加するには、 SnapCenterAdd Host ページを使用して、プラグインパッケージをインストールする必要があります。プラグインは、自動的にリモートホストにインストールされます。ホストの追加とプラグインパッケージのインストールは、個々のホストまたはクラスタに対して実行できます。

SnapCenter サーバをプラグインホストとして別の SnapCenter サーバに追加することはできません。

クラスタ( WSFC )にプラグインをインストールすると、クラスタのすべてのノードにプラグインがインストールされます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Hosts * (ホスト)をクリックします。

    2. 上部で [Managed Hosts] タブが選択されていることを確認します。

    3. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    4. [Hosts] ページで、次の操作を実行します。

      フィールド 手順

      ホストタイプ

      ホストタイプを選択します。

      • Windows の場合

      • Linux の場合

      注記 カスタムプラグインは、 Windows と Linux のどちらの環境でも使用できます。

      ホスト名

      ホストの完全修飾ドメイン名( FQDN )または IP アドレスを入力します。

      SnapCenter は、 DNS の適切な設定によって異なります。そのため、 FQDN を入力することを推奨します。

      Windows 環境の場合、信頼されていないドメインホストの IP アドレスは、 FQDN に解決される場合にのみサポートされます。

      スタンドアロンホストの IP アドレスまたは FQDN を入力できます。

      SnapCenter を使用してホストを追加する際、ホストがサブドメインの一部である場合は、 FQDN を指定する必要があります。

      クレデンシャル

      作成したクレデンシャル名を選択するか、新しいクレデンシャルを作成します。

      このクレデンシャルには、リモートホストに対する管理者権限が必要です。詳細については、クレデンシャルの作成に関する情報を参照してください。

      クレデンシャルの詳細を表示するには、指定したクレデンシャル名にカーソルを合わせます。

      注記 クレデンシャル認証モードは、ホストの追加ウィザードで指定したホストタイプによって決まります。
    5. [ インストールするプラグインを選択してください * ] セクションで、インストールするプラグインを選択します。

    6. (オプション) * その他のオプション * をクリックします。

      フィールド 手順

      ポート

      デフォルトのポート番号をそのまま使用するか、ポート番号を指定します。

      デフォルトのポート番号は 8145 です。SnapCenter サーバがカスタムポートにインストールされている場合は、そのポート番号がデフォルトポートとして表示されます。

      注記 プラグインを手動でインストールし、カスタムポートを指定した場合は、同じポートを指定する必要があります。そうしないと、処理は失敗します。

      インストールパス

      カスタムプラグインは、 Windows システムと Linux システムのどちらにもインストールできます。

      • Windows 用 SnapCenter Plug-ins パッケージのデフォルトパスは C : \Program Files\NetApp\SnapManager です。

        必要に応じて、パスをカスタマイズできます。

      • SnapCenter Plug-ins Package for Linux のデフォルトパスは /opt/NetApp/SnapCenter です。

        必要に応じて、パスをカスタマイズできます。

      • SnapCenter Custom Plug-ins の場合:

        1. Custom Plug-ins (カスタムプラグイン)セクションで * Browse (参照) * をクリックし、 zip 形式のカスタムプラグインフォルダーを選択します。

          zip 形式のフォルダには、カスタムプラグインコードと DESCRIPTOR .xml ファイルが含まれています。

        2. [ アップロード ] をクリックします。

          パッケージをアップロードする前に zip 形式のカスタムプラグインフォルダ内の記述子 .xml ファイルが検証されます。

          SnapCenter サーバにアップロードされたカスタムプラグインが表示されます。

        MySQL または DB2 アプリケーションを管理する場合は、ネットアップが提供している MySQL および DB2 のカスタムプラグインを使用できます。MySQL と DB2 のカスタムプラグインについては、を参照してください "NetApp Automation Store の略"

      インストール前のチェックをスキップします

      プラグインを手動でインストール済みで、プラグインのインストール要件をホストが満たしているかどうかを検証しない場合は、このチェックボックスを選択します。

      プラグインサービスを実行するには、 Group Managed Service Account ( gMSA ;グループ管理サービスアカウント)を使用します

      Windows ホストの場合、プラグインサービスの実行にグループ管理サービスアカウント( gMSA )を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

      重要 gMSA 名を domainName\accountName$ の形式で指定します。
      注記 gMSA は、 SnapCenter Plug-in for Windows サービスのログオンサービスアカウントとしてのみ使用されます。
    7. [Submit (送信) ] をクリックします。

      「 * 事前確認をスキップ」チェックボックスを選択していない場合、ホストがプラグインのインストール要件を満たしているかどうかが検証されます。ディスクスペース、 RAM 、 PowerShell のバージョン、 .NET のバージョン、場所( Windows プラグインの場合)、および Java のバージョン( Linux プラグインの場合)が、最小要件に照らして検証されます。最小要件を満たしていない場合は、対応するエラーまたは警告メッセージが表示されます。

      エラーがディスクスペースまたは RAM に関連している場合は、 C : \Program Files\NetApp\SnapManager WebApp にある web.config ファイルを更新してデフォルト値を変更することができます。エラーが他のパラメータに関連している場合は、問題を修正する必要があります。

    注記 HA セットアップで web.config ファイルを更新する場合は、両方のノードでファイルを更新する必要があります。
    1. ホストタイプが Linux の場合は、フィンガープリントを確認し、 * Confirm and Submit * をクリックします。

      注記 同じホストを以前に SnapCenter に追加し、フィンガープリントを確認した場合でも、フィンガープリントの検証は必須です。
    2. インストールの進行状況を監視します。

      インストール固有のログファイルは、 /custom_location/snapcenter /logs にあります。