日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムプラグインリソースのポリシーを作成する

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter を使用してカスタムプラグイン固有のリソースをバックアップする前に、バックアップ対象のリソースまたはリソースグループのバックアップポリシーを作成する必要があります。

  • 必要なもの *

  • バックアップ戦略を定義しておく必要があります。

    詳細については、カスタムプラグインのデータ保護戦略の定義に関する情報を参照してください。

  • データ保護の準備が完了している必要があります。

    データ保護の準備作業には、 SnapCenter のインストール、ホストの追加、ストレージシステム接続の作成、リソースの追加などがあります。

  • ミラー処理またはバックアップ処理を実行する場合は、 Storage Virtual Machine ( SVM )をユーザに割り当てる必要があります。

    ユーザが Snapshot コピーをミラーまたはバックアップにレプリケートする場合は、ソースボリュームとデスティネーションボリューム両方の SnapCenter に SVM を割り当てる必要があります。

  • 保護するリソースを手動で追加しておく必要があります。

  • このタスクについて *

  • バックアップポリシーとは、バックアップを管理、スケジューリング、および保持する方法を定めた一連のルールです。レプリケーション、スクリプト、アプリケーション設定を指定することもできます。

  • ポリシーでオプションを指定しておくことで、別のリソースグループにポリシーを再利用して時間を節約することができます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * 設定 * をクリックします。

    2. [ * 設定 * ] ページで、 [ * ポリシー * ] をクリックします。

    3. [ 新規作成( New ) ] をクリックする。

    4. [* 名前 *] ページで、ポリシー名と概要を入力します。

    5. [* 設定 * ( * Settings * ) ] ページで、次の手順を実行します。

      • スケジュールタイプを指定するには、「 * on demand * 」、「 * Hourly * 」、「 * Daily * 」、「 * Weekly * 」、または「 * Monthly * 」を選択します。

        注記 リソースグループを作成する際に、バックアップ処理のスケジュール(開始日、終了日、頻度)を指定することができます。これにより、ポリシーとバックアップ間隔が同じである複数のリソースグループを作成できますが、各ポリシーに異なるバックアップスケジュールを割り当てることもできます。
      バックアップ設定
    注記 午前 2 時にスケジュールを設定した場合、夏時間( DST )中はスケジュールはトリガーされません。
    • [ * カスタム・バックアップ設定 * ] セクションで、キー値形式でプラグインに渡す必要がある特定のバックアップ設定を指定します。プラグインに渡すキーと値の組み合わせを複数指定することができます。

      1. [Retention] ページで、 [ バックアップ・タイプ ] ページで選択したバックアップ・タイプおよびスケジュール・タイプの保持設定を指定します。

        状況 作業

        一定数の Snapshot コピーを保持します

        保持する Snapshot コピーの総数 * を選択し、保持する Snapshot コピーの数を指定します。

        Snapshot コピーの数が指定した数を超えると、古いものから順に Snapshot コピーが削除されます。

        注記 SnapVault レプリケーションを有効にする場合は、保持数を 2 以上に設定する必要があります。保持数を 1 に設定すると、新しい Snapshot コピーがターゲットにレプリケートされるまで最初の Snapshot コピーが SnapVault 関係の参照 Snapshot コピーになるため、保持処理が失敗することがあります。
        注記 最大保持数は、 ONTAP 9.4 以降のリソースでは 1018 、 ONTAP 9.3 以前のリソースでは 254 です。保持期間を基盤となる ONTAP バージョンの値よりも大きい値に設定すると、バックアップが失敗します。

        Snapshot コピーを特定の日数だけ保持します

        「 * Snapshot コピーを保持する期間」を選択し、 Snapshot コピーを削除するまで保持する日数を指定します。

      2. [* Replication * (レプリケーション * ) ] ページで、レプリケーション設定を指定します。

        フィールド 手順
        • ローカル Snapshot コピー作成後に SnapMirror を更新 *

        別のボリュームにバックアップセットのミラーコピーを作成する場合( SnapMirror レプリケーション)は、このフィールドを選択します。

        ONTAP の保護関係のタイプがミラーとバックアップの場合、このオプションのみを選択すると、プライマリで作成された Snapshot コピーがデスティネーションに転送されませんが、デスティネーションのリストに表示されます。この Snapshot コピーがリストア処理の対象としてデスティネーションで選択されると、「 Secondary Location is not available for the selected vaulted/mirrored backup 」というエラーメッセージが表示されます。

        • ローカル Snapshot コピー作成後に SnapVault を更新 *

        ディスクツーディスクのバックアップレプリケーション( SnapVault バックアップ)を実行する場合は、このオプションを選択します。

        • 二次ポリシーラベル *

        Snapshot ラベルを選択します。

        選択した Snapshot コピーラベルに応じて、 ONTAP はラベルに一致するセカンダリ Snapshot コピー保持ポリシーを適用します。

        注記 ローカル Snapshot コピーの作成後に「 * SnapMirror を更新」を選択した場合は、必要に応じてセカンダリポリシーラベルを指定できます。ただし、ローカル Snapshot コピーの作成後に「 * Update SnapVault 」を選択した場合は、セカンダリポリシーラベルを指定する必要があります。
        • エラー再試行回数 *

        処理が停止されるまでに試行できるレプリケーションの最大回数を入力します。

        注記 セカンダリストレージでの Snapshot コピーの最大数に達しないように、 ONTAP でセカンダリストレージの SnapMirror 保持ポリシーを設定する必要があります。
      3. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。