日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リソースグループを作成してポリシーを適用

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

リソースグループはコンテナであり、バックアップして保護するリソースをここに追加する必要があります。リソースグループを使用すると、特定のアプリケーションに関連付けられているすべてのデータを同時にバックアップできます。リソースグループはすべてのデータ保護ジョブに必要です。リソースグループに 1 つ以上のポリシーを適用して、実行するデータ保護ジョブのタイプを定義することも必要です。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [* リソース *] ページで、 [ 新しいリソースグループ ] をクリックします。

    3. [* 名前 *] ページで、次の操作を実行します。

      フィールド 手順

      名前

      リソースグループの名前を入力します。

      注記 リソースグループ名は 250 文字以内にする必要があります。

      タグ

      リソースグループを検索するときに役立つラベルを入力します。

      たとえば、複数のリソースグループに HR をタグとして追加すると、あとから HR タグに関連付けられたすべてのリソースグループを検索できます。

      Snapshot コピーには、カスタムの名前形式を使用します

      Snapshot コピー名にカスタムの名前形式を使用する場合は、このチェックボックスをオンにして名前形式を入力します。

      たとえば、 _customText_resource group_policy_hostname や resource group_hostname_hostname などです。デフォルトでは、 Snapshot コピー名の後ろにタイムスタンプが追加されます。

    4. オプション: [* リソース ] ページで、 [* ホスト ] ドロップダウン・リストからホスト名を選択し、 [ リソース・タイプ *] ドロップダウン・リストからリソース・タイプを選択します。

      これにより、画面上の情報をフィルタリングできます。

    5. [ 使用可能なリソース( Available Resources ) ] セクションからリソースを選択し、右矢印をクリックして [ 選択したリソース( * Selected Resources ) ] セクションに移動します。

    6. オプション: [ アプリケーションの設定 *] ページで、次の操作を行います。

      1. [Backups] 矢印をクリックして、追加のバックアップオプションを設定します。

        整合グループのバックアップを有効にし、次の作業を実行します。

      フィールド 手順

      整合グループ Snapshot 処理が完了するまで待機する時間を設定してください

      Snapshot コピー処理が完了するまでの待機時間を指定するには、「至急」、「中」、または「不完全」を選択します。

      Urgent = 5 秒、 Medium = 7 秒、 Relaxed = 20 秒。

      WAFL 同期を無効にします

      WAFL 整合ポイントを強制しない場合は、これを選択します。

      +

      1. スクリプト矢印をクリックし、休止、 Snapshot コピー、および休止解除の各処理の PRE および POST コマンドを入力します。障害発生時に終了する前に実行する PRE コマンドを入力することもできます。

      2. [ カスタム構成 ] 矢印をクリックし、このリソースを使用するすべてのデータ保護操作に必要なカスタムキーと値のペアを入力します。

        パラメータ 設定 説明

        archive_log_enable

        (はい / いいえ)

        アーカイブログ管理を有効にしてアーカイブログを削除できます。

        archive_log_retention の略

        日数

        アーカイブログを保持する日数を指定します。

        この設定は NTAP_SNAPSHOT_RETENTIONS 以上である必要があります。

        ARCHIVE_LOG_DIR

        change_info_directory/logs

        アーカイブログが格納されているディレクトリのパスを指定します。

        archive_log_EXT

        ファイル拡張子

        アーカイブログファイルの拡張子の長さを指定します。

        たとえば、アーカイブログが LOG_BACKUP _0_0_0_0.161518551942 9 で、ファイル拡張子の値が 5 の場合は、ログの拡張子に 5 桁が保持されます。これは 16151 です。

        archive_log_recursive_SE arch

        (はい / いいえ)

        サブディレクトリ内のアーカイブログを管理できます。

        アーカイブログがサブディレクトリにある場合は、このパラメータを使用してください。

      3. Snapshot コピーツールの * 矢印をクリックして、 Snapshot コピーを作成するツールを選択します。

        状況 作業

        SnapCenter で Plug-in for Windows を使用してファイルシステムを整合性のある状態にしてから Snapshot コピーを作成する。Linux リソースの場合、このオプションは適用されません。

        ファイルシステムの整合性を使用した SnapCenter を選択します。

        このオプションは、 SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database には適用されません。

        SnapCenter を使用して、ストレージレベルの Snapshot コピーを作成します

        ファイルシステムの整合性なしで SnapCenter を選択します。

        Snapshot コピーを作成するためにホストで実行するコマンドを入力する

        Other を選択し、ホストで実行するコマンドを入力して Snapshot コピーを作成します。

    7. [Policies] ページで、次の手順を実行します。

      1. ドロップダウンリストから 1 つ以上のポリシーを選択します。

        注記 また、 * をクリックしてポリシーを作成することもできます*

      ポリシーは、 [ 選択したポリシーのスケジュールの設定 *] セクションに一覧表示されます。

      1. [ スケジュールの設定 ] 列で、 [ *] をクリックします をクリックします。

      2. [Add schedules for policy_name_] ダイアログボックスで、スケジュールを設定し、 [OK] をクリックします。

        policy_name は、選択したポリシーの名前です。

    設定されたスケジュールは、 [ 適用されたスケジュール ] 列に一覧表示されます。サードパーティ製バックアップスケジュールが SnapCenter バックアップスケジュールと重複している場合、それらのバックアップスケジュールはサポートされません。

    1. [Notification] ページの [*Email preference] ドロップダウンリストから、電子メールを送信するシナリオを選択します。

      また、送信者と受信者の E メールアドレス、および E メールの件名を指定する必要があります。SMTP サーバーは、 * Settings * > * Global Settings * で設定する必要があります。

    2. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。