日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スタックの要件

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX には、ホストオペレーティングシステム、ホストファイルシステム、 NFS 、ボリュームマネージャ、 FC または iSCSI ホストユーティリティ、ストレージシステムライセンス、 ONTAP ソフトウェア、 MultiStore ソフトウェア、およびインターネットプロトコル( IP )アクセスが必要です。SnapDrive for UNIX には、満たす必要がある特定のスタック要件もあります。

ホスト側のエンティティ

ホスト側のエンティティのリストを次に示します。

  • ホストオペレーティングシステム

  • ボリュームマネージャ

  • ファイルシステム

  • Solaris Host Utilities のことです

RDM LUN 用のゲスト側のエンティティがサポートされます

ゲスト側のエンティティのリストを次に示します。

  • ゲストオペレーティングシステム

  • ボリュームマネージャ

  • ファイルシステム

  • Solaris iSCSI Host Utility だけで ' プロトコルが iSCSI の場合は適切です

UNIX スタック用の SnapDrive

マトリックス・スタックに示されているように 'napdrive.conf ファイルの 'multipathing-type''`fstype''`default-transport''vmtype` 変数には ' 許容可能な値を入力する必要があります入力した値がホストシステムにインストールされ、実行されていることを確認する必要があります。

ホストプラットフォーム デフォルトの転送タイプ マルチパスタイプ FSstype (英語) vmtype を指定します

Solaris x86 の場合

FCP

なし

ufs

SVM

FCP

MPxIO

ufs

SVM

iSCSI

なし

ufs

SVM

iSCSI

MPxIO

ufs

SVM

Solaris SPARC

FCP

DMP

VxFS の

VxVM

FCP

なし

ufs

SVM

FCP

MPxIO

ufs

SVM

iSCSI

なし

ufs

SVM

iSCSI

  • FCP および iSCSI のストレージスタックを使用する場合、 SnapDrive では FCP ストレージスタックのみがサポートされます。

    SnapDrive では、 AIX の iSCSI ストレージスタックはサポートされていません。

  • Solaris のホストオペレーティングシステムおよび適切なパッチがインストールされている必要があります。

  • Solaris のボリュームマネージャは、 VxVM と Solaris Volume Manager ( SVM )です。

    VxVM は別途インストールする必要があり、 SVM は Solaris OS に含まれています。

  • Host Utilities は Solaris にインストールされます

  • ストレージシステムに ONTAP ソフトウェアがインストールされている必要があります。

  • vFiler ユニットをセットアップするには、ストレージシステムに MultiStore ソフトウェアをインストールしてください。

  • ホストとストレージシステムの間でインターネットプロトコル( IP )アクセスが可能です。

ネットアップでは、 Host Utilities やコンポーネントの変更を継続的に行っています。この変更を追跡するには、 Interoperability Matrix を使用します。 Interoperability Matrix には、 SAN 環境でネットアップ製品を使用するための最新情報が記載されています。

ストレージシステムのライセンスと MultiStore ライセンスは、ストレージシステムエンティティを構成します。

ストレージシステムのライセンス要件

  • 構成によっては、 FC 、 iSCSI 、または NFS のいずれかのライセンスが必要です

  • FlexClone ライセンス

  • ストレージシステム上の SnapRestore ライセンス

  • 関連情報 *