日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo credential set コマンドです

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このコマンドを使用すると、ホスト、リポジトリ、データベースプロファイルなどのセキュアなリソースにアクセスするためのクレデンシャルをユーザに設定できます。ホストのパスワードは、 SnapManager が実行されているホストでのユーザのパスワードです。リポジトリのパスワードは、 SnapManager リポジトリスキーマが格納されている Oracle ユーザのパスワードです。プロファイルパスワードは、プロファイルを作成するユーザーが構成するパスワードです。ホストとリポジトリのオプションを指定して、オプションの -password オプションを指定した場合は、コマンド引数で指定したタイプのパスワードを入力するように求められます。

構文

        smo credential set
\[-host
-name host_name
-username username\]
\[-password password\] \] \|
\[-repository
-dbname repo_service_name
-host repo_host
-login -username repo_username\] \[-password repo_password\] \]
-port repo_port \|
\[-profile
-name profile_name\]
\[-password password\] \]
\[-quiet \| -verbose\]

パラメータ

  • * - ホスト名 *

    SnapManager を実行しているホストサーバの名前または IP アドレスを指定します。

    host パラメータには、次のオプションがあります。

    • -name host_name :パスワードを設定するホストの名前を指定します。

    • -username user_name :ホスト上のユーザ名を指定します。

    • -password password :ホスト上のユーザのパスワードを指定します。

  • * -repository -dbname *

    プロファイルが格納されたデータベースの名前を指定します。グローバル名または SID を使用します。

    repository パラメータには、次のオプションが含まれます。

    • -dbnamerepo_service_name :プロファイルを格納するデータベースの名前を指定します。グローバル名または SID を使用します。

    • -host repo_host :リポジトリ・データベースが稼働しているホスト・サーバの名前または IP アドレスを指定します。

    • -login-username repo_username :リポジトリが格納されたデータベースにアクセスするために必要なユーザ名を指定します。

    • -password password :リポジトリが格納されたデータベースにアクセスするために必要なパスワードを指定します。

    • -port repo_port :リポジトリが格納されているデータベースへのアクセスに使用する TCP ポート番号を指定します。

  • * -profile-name profile_name *

    データベースに関連付けられたプロファイルを指定します。

    profile パラメータには、次のオプションが含まれています。

    • -name profilename :パスワードを設定するプロファイルの名前を指定します。

    • -password password :プロファイルへのアクセスに必要なパスワードを指定します。

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。

リポジトリクレデンシャルを設定するコマンドの例

次に、リポジトリのクレデンシャルを設定する例を示します。

smo credential set -repository -dbname SMOREPO -host hotspur -port 1521 -login -username chris
Password for chris@hotspur:1521/SMOREPO : ********
Confirm password for chris@hotspur:1521/SMOREPO : ********
SMO-12345 [INFO ]: Updating credential cache for OS user "admin1"
SMO-12345 [INFO ]: Set repository credential for user "user1" on repo1@Host2.
Operation Id [Nff8080810da9018f010da901a0170001] succeeded.

ホストクレデンシャルを設定するためのコマンドの例

ホストクレデンシャルは実際のオペレーティングシステムクレデンシャルを表すため、パスワードのほかにユーザ名も含める必要があります。

smo credential set -host -name bismarck -username avida
Password for avida@bismarck : ********
Confirm password for avida@bismarck : ********
  • 関連情報 *