日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プロビジョニングパスフレーズを変更します

寄稿者

この手順 を使用して、 StorageGRID プロビジョニングパスフレーズを変更します。パスフレーズは、リカバリ、拡張、およびメンテナンスの手順で必要になります。また、リカバリパッケージのバックアップをダウンロードする際にも、 StorageGRID システムのグリッドトポロジ情報、グリッドノードのコンソールパスワード、暗号化キーが含まれている必要があります。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • Maintenance または Root アクセス権限が必要です。

  • 現在のプロビジョニングパスフレーズを用意します。

プロビジョニングパスフレーズは、インストールやメンテナンスの手順の多くやで必要になります リカバリパッケージをダウンロードしています。プロビジョニング・パスフレーズは 'passwords.txt ファイルにはリストされていませんプロビジョニングパスフレーズを記録して、安全な場所に保管してください。

手順
  1. * 設定 * > * アクセス制御 * > * Grid パスワード * を選択します。

    Grid のパスワード
  2. [ プロビジョニングパスフレーズの変更 *] で [ * 変更 *] を選択します。

    Grid パスワードを変更するプロビジョニングパスフレーズ
  3. 現在のプロビジョニングパスフレーズを入力します。

  4. 新しいパスフレーズを入力します。パスフレーズは 8 文字以上 32 文字以下にする必要があります。パスフレーズでは大文字と小文字が区別されます。

  5. 新しいプロビジョニングパスフレーズを安全な場所に保存します。インストール、拡張、およびメンテナンスの手順を実行する必要があります。

  6. 新しいパスフレーズをもう一度入力し、「 * 保存 * 」を選択します。

    プロビジョニングパスフレーズの変更が完了すると、成功を示す緑のバナーが表示されます。

    プロビジョニングパスフレーズを変更しました
  7. リカバリパッケージ * を選択します。

  8. 新しいプロビジョニングパスフレーズを入力して、新しいリカバリパッケージをダウンロードします。

    注意 プロビジョニングパスフレーズを変更したら、すぐに新しいリカバリパッケージをダウンロードする必要があります。リカバリパッケージファイルは、障害が発生した場合にシステムをリストアするために使用します。