日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

格納オブジェクトの暗号化を設定する

寄稿者

オブジェクトストアが侵害された場合に読み取り可能な形式でデータを読み出せないようにするには、格納オブジェクトを暗号化します。デフォルトでは、オブジェクトは暗号化されません。

必要なもの

格納オブジェクトの暗号化を使用すると、 S3 または Swift 経由で取り込まれたすべてのオブジェクトデータを暗号化できます。この設定を有効にすると、新たに取り込まれたすべてのオブジェクトが暗号化されますが、既存の格納オブジェクトに対する変更はありません。暗号化を無効にすると、現在暗号化されているオブジェクトは暗号化されたままですが、新しく取り込まれたオブジェクトは暗号化されませ

注記 この設定を変更すると、新しい設定が適用されるまで約 1 分かかります。設定した値は、パフォーマンスと拡張用にキャッシュされます。

格納オブジェクトは、 AES ‐ 128 または AES ‐ 256 暗号化アルゴリズムを使用して暗号化できます。

格納オブジェクトの暗号化設定は、バケットレベルまたはオブジェクトレベルの暗号化で暗号化されていない S3 オブジェクトにのみ適用されます。

手順
  1. * 設定 * > * システム * > * グリッドオプション * を選択します。

  2. [ 格納オブジェクトのオプション ] セクションで、 [ 格納オブジェクトの暗号化 ] を [ * なし * (デフォルト) ] 、 [ * AES-128 * ] 、または [ * AES-256 * ] に変更します。

    Stored Object Encryption の略
  3. [ 保存( Save ) ] を選択します。