日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

どのクライアント処理を許可するかを制御します

寄稿者

PreventClientModification グリッドオプションを選択して、特定の HTTP クライアント処理を拒否することができます。

必要なもの

クライアント変更の禁止は、システム全体の設定です。[ クライアント変更を禁止する ] オプションを選択すると、次の要求が拒否されます。

  • * S3 REST API *

    • バケットの削除要求

    • 既存オブジェクトのデータ、ユーザ定義メタデータ、または S3 オブジェクトのタグを変更するすべての要求

      注記 この設定は、バージョン管理が有効なバケットには適用されません。バージョン管理によって、すでにオブジェクトデータ、ユーザ定義メタデータ、オブジェクトのタグを変更できないようになっています。
  • * Swift REST API *

    • コンテナの削除要求

    • 既存のオブジェクトを変更する要求。たとえば、 Put Overwrite 、 Delete 、 Metadata Update などの処理が拒否されます。

手順
  1. * 設定 * > * システム * > * グリッドオプション * を選択します。

  2. [ ネットワークオプション ] セクションで、 [ クライアントの変更を禁止する *] チェックボックスをオンにします。

    クライアントの変更を禁止します
  3. [ 保存( Save ) ] を選択します。