日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テナントアカウントを編集します

寄稿者

テナントアカウントを編集して、表示名の変更、アイデンティティソース設定の変更、プラットフォームサービスの許可または禁止、ストレージクォータの入力を行うことができます。

必要なもの
手順
  1. 「 * tenants * 」を選択します

    テナントアカウントヘエシ
  2. 編集するテナントアカウントを選択します。

    検索ボックスを使用して、テナントアカウントを名前またはテナント ID で検索します。

  3. Actions (アクション)ドロップダウンから * Edit * (編集)を選択します。

    この例は、シングルサインオン( SSO )を使用しないグリッドを対象としています。このテナントアカウントには、独自のアイデンティティソースが設定されていません。

    テナントアカウントを編集します
  4. これらのフィールドの値を必要に応じて変更します。

    • * 名前 *

    • * 概要 *

    • * クライアントタイプ *

    • * ストレージクォータ *

  5. 「 * Continue * 」を選択します。

  6. テナントアカウントの権限を選択または選択解除します。

    • すでに使用しているテナントに対して * Platform services * を無効にすると、テナントが S3 バケット用に設定しているサービスが停止します。エラーメッセージはテナントに送信されません。たとえば、テナントで S3 バケットに CloudMirror レプリケーションが設定されている場合は、引き続きバケットにオブジェクトを格納できますが、エンドポイントとして設定された外部の S3 バケットにはこれらのオブジェクトのコピーが作成されなくなります。

    • テナントアカウントで独自のアイデンティティソースを使用するか、 Grid Manager 用に設定されたアイデンティティソースを使用するかを決定するには、 * Use own identity source * チェックボックスの設定を変更します。

      [ * 独自のアイデンティティソースを使用する * ( * uses own identity source * ) ] チェックボックスが

      • 無効にしてオンにした場合、テナントでは独自のアイデンティティソースがすでに有効になっています。Grid Manager 用に設定されたアイデンティティソースを使用するには、テナント側で独自のアイデンティティソースを無効にする必要があります。

      • StorageGRID システムで SSO が有効になっている場合は、無効にしてオフにします。テナントは、 Grid Manager 用に設定されたアイデンティティソースを使用する必要があります。

    • 必要に応じて、 * S3 Select * を有効または無効にします。を参照してください テナントアカウント用の S3 Select を管理します

  7. [ 保存( Save ) ] を選択します。