日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テナントアカウント用の S3 Select を管理します

寄稿者

特定の S3 テナントが、個々のオブジェクトに対する S3 Select から問題 SelectObjectContent 要求を使用できるようにすることができます。

S3 Select を使用すると、データベースや関連リソースを導入せずに大量のデータを効率的に検索できます。また、データ取得のコストとレイテンシも削減されます。

S3 Select とは何ですか。

S3 Select では、 S3 クライアントが SelectObjectContent 要求を使用して、オブジェクトから必要なデータのみをフィルタリングして読み出すことができます。S3 Select の StorageGRID 実装には、 S3 Select のコマンドと機能の一部が含まれています。

S3 Select を使用する際の考慮事項と要件

StorageGRID では、 S3 Select クエリに次のものが必要です。

  • 照会するオブジェクトは CSV 形式であるか、 CSV 形式のファイルを含む GZIP または bzip2 圧縮ファイルです。

  • テナントには、グリッド管理者によって S3 Select 機能が付与されている必要があります。Allow S3 Select * When を選択します テナントを作成します または テナントの編集

  • SelectObjectContent 要求は、に送信する必要があります StorageGRID ロードバランサエンドポイント。エンドポイントで使用する管理ノードとゲートウェイノードは、 SG100 、 SG1000 アプライアンスノード、または VMware ベースのソフトウェアノードである必要があります。

次の制限事項に注意してください。

  • ベアメタルロードバランサノードはサポートされていません。

  • クエリをストレージノードに直接送信することはできません。

  • 廃止された CLB サービスを介して送信されるクエリはサポートされません。

重要 SelectObjectContent 要求を使用すると、すべての S3 クライアントおよびすべてのテナントのロードバランサのパフォーマンスを低下させることができます。この機能は、必要な場合にのみ有効にし、信頼できるテナントに対してのみ有効にします。

を参照してください S3 Select の使用手順

をクリックしてください Grafana チャート 一定期間にわたる S3 Select 処理の場合は、 Grid Manager で * support * > * Tools * > * Metrics * を選択します。