日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージを手動でトリガーする

寄稿者

テクニカルサポートによる StorageGRID システムの問題のトラブルシューティングを支援するために、 AutoSupport メッセージの送信を手動でトリガーできます。

必要なもの
手順
  1. [ * support * > * Tools * > * AutoSupport * ] を選択します。

    AutoSupport ページが表示され、 * 設定 * タブが選択されます。

  2. [ ユーザー起動 AutoSupport 送信 ] を選択します。

    StorageGRID は、テクニカルサポートに AutoSupport メッセージを送信しようとします。試行に成功した場合は、 [ 結果( Results ) ] タブの [ 最新結果( Recent Result ) ] * 値と [ 前回成功した時間( Last Successful Time ) ] * 値が更新されます。問題がある場合、「最新の結果 * 」の値が「失敗」に更新され、 StorageGRID は AutoSupport メッセージの送信を再試行しません。

    注記 ユーザトリガー型 AutoSupport メッセージを送信したあと、 1 分後にブラウザの AutoSupport ページを更新して最新の結果にアクセスします。