日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LKCU: 上書きされたオブジェクトのクリーンアップ

寄稿者

このメッセージは、ストレージスペースを解放するためにクリーンアップが必要な上書きされたオブジェクトを StorageGRID が削除した場合に生成されます。オブジェクトがすでに含まれているパスに S3 または Swift クライアントがオブジェクトを書き込むと、オブジェクトが上書きされます。削除処理は自動的にバックグラウンドで実行されます。

コード フィールド 説明

CSIZ

コンテンツのサイズ

オブジェクトのサイズ(バイト単位)。

LTYP

クリーンアップのタイプ

_ 内部使用のみ。 _

LUID ( LUID )

オブジェクト UUID が削除されました

削除されたオブジェクトの識別子。

パス

S3 バケット / キーまたは Swift コンテナ / オブジェクト ID

S3 バケット名と S3 キー名、または Swift コンテナ名と Swift オブジェクト識別子。

SEGC

コンテナ UUID

セグメント化されたオブジェクトのコンテナの UUID 。この値は、オブジェクトがセグメント化されている場合にのみ使用できます。

UUID

Universally Unique Identifier の略

まだ存在するオブジェクトの ID 。この値は、オブジェクトが削除されていない場合にのみ使用できます。