日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OLST: システムが損失オブジェクトを検出しました

寄稿者

このメッセージは、 DDS サービスが StorageGRID システム内にオブジェクトのコピーを 1 つも見つけることができない場合に生成されます。

コード フィールド 説明

CBID

Content Block Identifier の略

損失オブジェクトの CBID 。

NOID

ノード ID

損失オブジェクトが最後に確認されたダイレクトまたはニアラインの場所がある場合。ボリューム情報がない場合は、ノード ID だけでボリューム ID がないケースもあります。

パス

S3 バケット / キーまたは Swift コンテナ / オブジェクト ID

該当する場合は、 S3 バケット名と S3 キー名、または Swift コンテナ名と Swift オブジェクト識別子。

RSLT

結果

このフィールドの値は NONE です。RSLT は必須のメッセージフィールドですが、このメッセージには該当しません。このメッセージがフィルタリングされないように、 SUCS ではなく NONE が使用されます。

UUID

Universally Unique ID の略

StorageGRID システム内の損失オブジェクトの識別子。

ヴォル

ボリューム ID

使用可能な場合は、損失オブジェクトが最後に確認された場所のストレージノードまたはアーカイブノードのボリューム ID 。