日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SYSU :ノードが開始されました

寄稿者

サービスが再起動されると、前回のシャットダウンがクリーン(コマンドによるもの)か不規則(想定外)かを示すためにこのメッセージが生成されます。

コード フィールド 説明

RSLT

シャットダウンをクリーニングします

シャットダウンのタイプ:

SUCS :システムはクリーンシャットダウンされました。

DSDN :システムはクリーンシャットダウンされませんでした。

VRGN :サーバインストール(または再インストール)後の初めての起動です。

このメッセージが示すのはレポート元のサービスの起動のみで、ホストサーバの起動については示されません。このメッセージは、次の場合に使用できます。

  • 監査証跡における不連続を検出します。

  • サービスが処理中に失敗していないかどうかを確認します( StorageGRID システムの分散によってこれらのエラーが隠されることがあります)。失敗したサービスは、 Server Manager によって自動的に再開されます。