日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージノードにストレージボリュームを追加

寄稿者

ストレージボリュームを 16 個以下にすることでストレージノードのストレージ容量を拡張できます。ILM のレプリケートコピーまたはイレイジャーコーディングコピーの要件を満たすために、複数のストレージノードへのストレージボリュームの追加が必要になる場合があります。

ストレージボリュームを追加する前に、を参照してください オブジェクト容量を追加する場合のガイドラインを次に示します ILM ポリシーの要件を満たすボリュームを追加する場所を確認しておく必要があります。

注記 この手順はソフトウェアベースのストレージノードにのみ該当します。を参照してください 導入済みのSG6060またはSG6060Xに拡張シェルフを追加 拡張シェルフを設置してSG6060またはSG6060Xにストレージボリュームを追加する方法については、以下を参照してください。それ以外のアプライアンスストレージノードは拡張できません。

ストレージノードの基盤となるストレージは、複数のストレージボリュームに分割されます。ストレージボリュームは、 StorageGRID システムでフォーマットされてオブジェクトの格納用にマウントされたブロックベースのストレージデバイスです。各ストレージノードでサポートされるストレージボリュームは、 Grid Manager では _ オブジェクトストア _ と呼ばれ、最大 16 個です。

注記 オブジェクトメタデータは常にオブジェクトストア 0 に格納されます。

各オブジェクトストアは、 ID に対応するボリュームにマウントされます。たとえば、 ID が 0000 のオブジェクトストアは、マウントポイント /var/local/rangedb/0` に対応しています。

新しいストレージボリュームを追加する前に、 Grid Manager を使用して、各ストレージノードの現在のオブジェクトストアと対応するマウントポイントを表示します。この情報は、ストレージボリュームを追加するときに役立ちます。

手順
  1. ノード * > * _site * > * _ ストレージ・ノード _ * > * ストレージ * を選択します。

  2. 下にスクロールして、各ボリュームとオブジェクトストアに使用可能なストレージ容量を表示します。

    アプライアンスストレージノードの場合、各ディスクの Worldwide Name は、 SANtricity ソフトウェア(アプライアンスのストレージコントローラに接続される管理ソフトウェア)で標準のボリュームプロパティとして表示される、ボリュームの World-Wide Identifier ( WWID )と同じです。

    ボリュームマウントポイントに関連するディスクの読み取りと書き込みの統計情報を解釈できるように、 Disk Devices テーブルの * Name * 列に表示される名前の最初の部分(つまり、 sdc_sd,sde )が Volumes テーブルの * Device * 列に表示される値と一致していることを確認します。

    Nodes ページストレージテーブル
  3. プラットフォームに応じた手順に従って、ストレージノードに新しいストレージボリュームを追加します。