日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware :ストレージノードにストレージボリュームを追加

寄稿者

ストレージノードのストレージボリュームが 16 個より少ない場合は、 VMware vSphere を使用してボリュームを追加することで容量を増やすことができます。

必要なもの
  • StorageGRID for VMware 環境のインストール手順を参照できる必要があります。

  • 「 passwords.txt 」ファイルがあります。

  • 特定のアクセス権限が必要です。

重要 ソフトウェアのアップグレード、リカバリ用手順 、または別の拡張手順 がアクティブな状態でストレージノードにストレージボリュームを追加しないでください。

ストレージボリュームを追加するときは、ストレージノードが一時的に使用できない状態になっています。クライアント向けのグリッドサービスへの影響を回避するために、この手順 は一度に 1 つのストレージノードでのみ実行してください。

手順
  1. 必要に応じて、新しいストレージハードウェアを設置し、新しい VMware データストアを作成します。

  2. ストレージとして使用する仮想マシン(オブジェクトストア)に 1 つ以上のハードディスクを追加します。

    1. VMware vSphere Client を開きます。

    2. 仮想マシンの設定を編集して、 1 つ以上のハードディスクを追加します。

    通常、ハードディスクは仮想マシンディスク( VMDK )として設定されます。一般に使用され、管理も容易であるのは VMDK ですが、大きなオブジェクトサイズ(たとえば 100MB 超)を使用するワークロードのパフォーマンスは RDM の方が高くなります。仮想マシンへのハードディスクの追加の詳細については、 VMware vSphere のドキュメントを参照してください。

  3. VMware vSphere Client の [Restart Guest OS* ] オプションを使用するか、仮想マシンへの ssh セッションで次のコマンドを入力して、仮想マシンを再起動します。「 sudo reboot 」

    注記 仮想マシンの再起動には、 * 電源オフ * または * リセット * を使用しないでください。
  4. ストレージノードで使用する新しいストレージを設定します。

    1. グリッドノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    2. 新しいストレージボリュームを設定します。

      sudo add_rangedbs.rb

    新しいストレージボリュームがすべて検出され、それらをフォーマットするように求められます。

    1. 「 * y * 」と入力して、フォーマットを確定します。

    2. 以前にフォーマットされたボリュームがある場合は、それらを再フォーマットするかどうかを決めます。

      • 再フォーマットするには「 * y * 」と入力します。

      • 再フォーマットをスキップするには「 * n * 」と入力します。

    3. プロンプトが表示されたら、「 * y 」と入力してストレージサービスを停止します。

      ストレージ・サービスが停止し 'setup_rangedbs.sh' スクリプトが自動的に実行されますボリュームが rangedb として使用できるようになると、サービスが再び開始されます。

  5. サービスが正しく開始されることを確認します。

    1. サーバ上のすべてのサービスのステータスのリストを表示します。

      「 sudo storagegrid-status 」

    ステータスは自動的に更新されます。

    1. すべてのサービスが「 Running 」または「 Verified 」になるまで待ちます。

    2. ステータス画面を終了します。

      Ctrl + C キー

  6. ストレージノードがオンラインであることを確認します。

    1. を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

    2. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

    3. 「 * site * > * _ Storage Node* > * LDR * > * Storage * 」を選択します。

    4. [* 構成 ] タブを選択し、次に [ メイン *] タブを選択します。

    5. [* Storage State-Desired * (ストレージ状態 - 目的 * ) ] ドロップダウンリストが [ 読み取り専用 ] または [ オフライン ] に設定されている場合は、 [* オンライン * ] を選択します。

    6. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。

  7. 新しいオブジェクトストアを確認するには、次の手順を実行し

    1. ノード * > * _site * > * _ ストレージ・ノード _ * > * ストレージ * を選択します。

    2. 詳細は、 * Object Stores * テーブルを参照してください。

拡張したストレージノードの容量をオブジェクトデータの保存に使用できます。