日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware :ノードにトランクインターフェイスまたはアクセスインターフェイスを追加します

ノードのインストールが完了したら、 VM ノードにトランクインターフェイスまたはアクセスインターフェイスを追加できます。追加したインターフェイスは、 VLAN インターフェイスのページと HA グループのページに表示されます。

必要なもの
  • VMware プラットフォームへの StorageGRID のインストール手順を参照できるようにしておきます。

  • StorageGRID 11.6 を設定しておきます。

  • 管理ノードとゲートウェイノードの VMware 仮想マシンが必要です。

  • グリッドネットワーク、管理ネットワーク、またはクライアントネットワークとして使用されていないネットワークサブネットがある。

  • 「 passwords.txt 」ファイルがあります。

  • 特定のアクセス権限が必要です。

重要 ソフトウェアのアップグレード、リカバリ手順 、または拡張手順 がアクティブな間は、ノードにインターフェイスを追加しないでください。

ノードのインストール後に VMware ノードに 1 つ以上のインターフェイスを追加するには、次の手順を実行します。たとえば、管理ノードまたはゲートウェイノードにトランクインターフェイスを追加して、 VLAN インターフェイスを使用して複数のアプリケーションまたはテナントに属するトラフィックを分離できます。ハイアベイラビリティ( HA )グループで使用するアクセスインターフェイスを追加することもできます。

トランクインターフェイスを追加する場合は、 StorageGRID で VLAN インターフェイスを設定する必要があります。アクセスインターフェイスを追加する場合は、 HA グループに直接追加できます。 VLAN インターフェイスを設定する必要はありません。

インターフェイスを追加するときに、ノードを一時的に使用できなくなることがあります。

手順
  1. vCenter で、新しいネットワークアダプタ( VMXNET3 タイプ)を管理ノードとゲートウェイノード VM に追加します。[ 電源オン時に接続 * ( Connected * ) ] および [ 接続 * ( Connect at Power On * ) ] チェックボックスをオンに

    vCenter
  2. SSH を使用して管理ノードまたはゲートウェイノードにログインします。

  3. 新しいネットワーク・インターフェイス ens256 が検出されたことを確認するには 'ip link show' を使用します

ip link show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1400 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:a0:4e:5b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:a0:fa:ce brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1400 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:a0:d6:87 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
5: ens256: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq master ens256vrf state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:a0:ea:88 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
完了後