日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージオプションを管理します

寄稿者

ストレージオプションには、オブジェクトのセグメント化設定、ストレージボリュームウォーターマークの現在の値、 Metadata Reserved Space 設定があります。ゲートウェイノード上の廃止された CLB サービスおよびストレージノード上の LDR サービスで使用されている S3 および Swift ポートを表示することもできます。

ポート割り当ての詳細については、を参照してください Summary :クライアント接続の IP アドレスとポート

ストレージオプション