日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HA グループの用途

寄稿者

ハイアベイラビリティ( HA )グループを使用すると、オブジェクトデータ用および管理用に StorageGRID への可用性の高い接続を提供できます。

  • HA グループは、 Grid Manager または Tenant Manager への可用性の高い管理接続を提供します。

  • HA グループは、 S3 / Swift クライアントに可用性の高いデータ接続を提供できます。

  • インターフェイスが 1 つしかない HA グループでは、多数の VIP アドレスを指定したり、 IPv6 アドレスを明示的に設定したりできます。

HA グループは、グループに含まれるすべてのノードが同じサービスを提供する場合にのみ高可用性を提供できます。HA グループを作成するときは、必要なサービスを提供するタイプのノードからインターフェイスを追加してください。

  • * 管理ノード * :ロードバランササービスが含まれ、 Grid Manager またはテナントマネージャへのアクセスを有効にします。

  • * ゲートウェイノード * :ロードバランササービスと CLB サービス(廃止)が含まれます。

HA グループの目的 このタイプのノードを HA グループに追加します

Grid Manager へのアクセス

  • プライマリ管理ノード( * プライマリ * )

  • 非プライマリ管理ノード

  • 注: * プライマリ管理ノードがプライマリインターフェイスである必要があります。一部のメンテナンス手順は、プライマリ管理ノードでしか実行できません。

Tenant Manager のみにアクセスします

  • プライマリ管理ノードまたは非プライマリ管理ノード

S3 または Swift クライアントアクセス - ロードバランササービス

  • 管理ノード

  • ゲートウェイノード

の S3 クライアントアクセス S3 選択

  • SG100 または SG1000 アプライアンス

  • VMware ベースのソフトウェアノード

  • 注: S3 Select を使用する場合は HA グループを推奨しますが、必須ではありません。

S3 または Swift クライアントアクセス - CLB サービス

  • 注: * CLB サービスは廃止されました。

  • ゲートウェイノード

Grid Manager または Tenant Manager で HA グループを使用する場合の制限事項

Grid Manager サービスまたは Tenant Manager サービスに障害が発生した場合は、 HA グループのフェイルオーバーはトリガーされません。

フェイルオーバーの発生時に Grid Manager または Tenant Manager にサインインしている場合はサインアウトされるため、再度サインインしてタスクを再開する必要があります。

プライマリ管理ノードを使用できない場合は、一部のメンテナンス手順を実行できません。フェイルオーバー中は、 Grid Manager を使用して StorageGRID システムを監視できます。

CLB サービスで HA グループを使用する場合の制限事項

CLB サービスに障害が発生しても、 HA グループ内でフェイルオーバーはトリガーされません。

注記 CLB サービスは廃止されました。