日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000-CN コントローラのブート時のコードを確認します

寄稿者

アプライアンスの電源を入れると、 BMC は SG6000-CN コントローラの一連のブート時のコードを記録します。これらのコードはいくつかの方法で確認できます。

必要なもの
  • BMC ダッシュボードへのアクセス方法を確認しておく必要があります。

  • Serial-Over-LAN ( SOL )を使用する場合は、 IPMI SOL コンソールアプリケーションの使用経験が必要です。

手順
  1. アプライアンスコントローラのブート時のコードを確認するための方法を選択し、必要な機器を揃えます。

    メソッド 必要な機器

    VGA コンソール

    • VGA 対応モニタ

    • VGA ケーブル

    KVM の略

    • RJ-45 ケーブル

    シリアルポート

    • DB-9 シリアルケーブル

    • 仮想シリアルターミナル

    ソル

    • 仮想シリアルターミナル

  2. VGA コンソールを使用する場合は、次の手順を実行します。

    1. VGA 対応モニタをアプライアンス背面の VGA ポートに接続します。

    2. モニタに表示されるコードを確認します。

  3. BMC KVM を使用する場合は、次の手順を実行します。

    1. BMC 管理ポートに接続し、 BMC の Web インターフェイスにログインします。

    2. 「 * リモートコントロール * 」を選択します。

    3. KVM を起動します。

    4. 仮想モニタのコードを確認します。

  4. シリアルポートと端末を使用している場合は、次の手順を実行します。

    1. アプライアンス背面の DB-9 シリアルポートに接続します。

    2. 設定として 115200 8-N-1 を使用します

    3. シリアルターミナルに印刷されているコードを確認します。

  5. SOL を使用する場合は、次の手順を実行します。

    1. BMC の IP アドレスとログインクレデンシャルを使用して IPMI SOL に接続します。

      注記 BMC root アカウントのパスワードを変更していない場合、工場出荷時のデフォルト値は「 calvin 」です。

      ipmitool-i lanplus -H_BMC_Port_IP_-U root-P_Password_sol activate'

    2. 仮想シリアルターミナルのコードを確認します。

  6. 次の表を使用して、アプライアンスのコードを確認します。

    コード を示します

    こんにちは

    マスターブートスクリプトが開始されました。

    HP

    ネットワークインターフェイスカード( NIC )の更新が必要かどうかをシステムがチェックしています。

    朝食付き

    ファームウェアの更新の適用が完了し、システムがリブートしています。

    FP

    ハードウェアサブシステムのファームウェアの更新の確認が完了しました。コントローラ間の通信サービスが開始されています。

    アプライアンスストレージノードの場合のみ:

    システムがストレージコントローラとの接続待ちで、 SANtricity オペレーティングシステムと同期しています。

    • 注:この段階でブート手順 が進行しない場合は、次の手順を実行します。

      1. SG6000-CN コントローラと 2 台のストレージコントローラの間の 4 本のインターコネクトケーブルがしっかり接続されていることを確認します。

      2. 必要に応じて、 1 本以上のケーブルを交換し、再試行します。

      3. この方法で問題 が解決しない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    HC

    既存の StorageGRID のインストールデータがチェックされています。

    HO

    StorageGRID アプライアンスインストーラが実行されている。

    高可用性

    StorageGRID が実行されています。