日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークガイドライン:概要

寄稿者

これらのガイドラインを使用して、 StorageGRID アーキテクチャとネットワークトポロジについて学び、ネットワークの設定とプロビジョニングの要件を確認してください。

これらの手順について

これらのガイドラインは、 StorageGRID ノードを導入して設定する前に、 StorageGRID ネットワークインフラの作成に使用できる情報を示しています。これらのガイドラインを使用して、グリッド内のすべてのノード間、およびグリッドと外部のクライアントとサービス間で通信を確実に行うことができます。

外部クライアントや外部サービスは、次のような機能を実行するために StorageGRID ネットワークに接続する必要があります。

  • オブジェクトデータを格納し、読み出す

  • E メール通知を受信

  • StorageGRID 管理インターフェイス( Grid Manager およびテナントマネージャ)へのアクセス

  • 監査共有へのアクセス(オプション)

  • 次のようなサービスを提供します。

    • ネットワークタイムプロトコル NTP

    • Domain Name System ( DNS ;ドメインネームシステム)

    • キー管理サーバ( KMS )

これらの機能を使用するトラフィックなどを処理するには、 StorageGRID ネットワークが適切に設定されている必要があります。

作業を開始する前に

StorageGRID システムのネットワークを設定するには、イーサネットスイッチング、 TCP/IP ネットワーク、サブネット、ネットワークルーティング、およびファイアウォールに関する高度な経験が必要です。

ネットワークを設定する前に、『』の説明に従って StorageGRID アーキテクチャを理解しておいてください グリッド入門

使用する StorageGRID ネットワークとその設定を決定したら、該当する手順に従って StorageGRID ノードを設置および設定できます。

StorageGRID ソフトウェアを設定および管理する