日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

交換用プライマリ管理ノードを設定

寄稿者

交換用ノードは、 StorageGRID システムのプライマリ管理ノードとして設定する必要があります。

必要なもの
  • 仮想マシンでホストされるプライマリ管理ノードの場合は、仮想マシンを導入し、電源をオンにして初期化する必要があります。

  • サービスアプライアンスでホストされるプライマリ管理ノードの場合は、アプライアンスを交換し、ソフトウェアをインストールしておく必要があります。使用するアプライアンスのインストールガイドを参照してください。

  • リカバリパッケージファイルの最新のバックアップ(「 sgws -recovery-package -id -revision.zip 」)が必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

手順
  1. Web ブラウザを開き 'https://primary_admin_node_ip` に移動します

    プライマリ管理ノードをインストールまたはリカバリする
  2. [*Recover a failed primary Admin Node] をクリックします。

  3. リカバリパッケージの最新のバックアップをアップロードします。

    1. [* 参照 ] をクリックします。

    2. StorageGRID システムに対応した最新のリカバリパッケージファイルを探し、 * Open * をクリックします。

  4. プロビジョニングパスフレーズを入力します。

  5. [ リカバリの開始 ] をクリックします。

    リカバリプロセスが開始されます。必要なサービスが開始されるまでの数分間、 Grid Manager を使用できなくなることがあります。リカバリが完了すると、サインインページが表示されます。

  6. StorageGRID システムでシングルサインオン( SSO )が有効になっており、リカバリした管理ノードの証明書利用者信頼がデフォルトの管理インターフェイス証明書を使用するように設定されている場合は、ノードの証明書利用者信頼を Active Directory フェデレーションサービス( AD FS )で更新(削除および再作成)します。管理ノードのリカバリプロセス中に生成された新しいデフォルトサーバ証明書を使用します。

    注記 証明書利用者信頼を設定するには、 StorageGRID の管理手順を参照してください。デフォルトのサーバ証明書にアクセスするには、管理ノードのコマンドシェルにログインします。/var/local/mgmt-api' ディレクトリに移動し 'server.crt' ファイルを選択します
  7. ホットフィックスの適用が必要かどうかを判断します。

    1. を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

    2. [* nodes (ノード) ] を選択します

    3. 左側のリストで、プライマリ管理ノードを選択します。

    4. [ 概要 ] タブの [ ソフトウェアバージョン ] フィールドに表示されているバージョンを確認します。

    5. 他のグリッドノードを選択します。

    6. [ 概要 ] タブの [ ソフトウェアバージョン ] フィールドに表示されているバージョンを確認します。

      • [ ソフトウェアバージョン * ] フィールドに表示されるバージョンが同じ場合、修正プログラムを適用する必要はありません。

      • [ ソフトウェアバージョン * ] フィールドに表示されるバージョンが異なる場合は、ホットフィックスを適用して、リカバリされたプライマリ管理ノードを同じバージョンに更新する必要があります。