日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプライアンスストレージノードを導入する

寄稿者

ストレージアプライアンスを設置して設定したら、 StorageGRID システムにストレージノードとして導入できます。アプライアンスをストレージノードとして導入する場合は、アプライアンスに搭載されている StorageGRID アプライアンスインストーラを使用します。

必要なもの
  • アプライアンスノードのクローンを作成する場合は、リカバリとメンテナンスの手順を続行します。

  • アプライアンスをラックまたはキャビネットに設置し、ネットワークに接続し、電源を投入しておきます。

  • StorageGRID アプライアンスインストーラを使用して、アプライアンスのネットワークリンク、 IP アドレス、ポートの再マッピング(必要な場合)を設定しておきます。

  • アプライアンスのコンピューティングコントローラに割り当てられている IP アドレスのいずれかを確認しておきます。接続されているどの StorageGRID ネットワークの IP アドレスでも使用できます。

  • StorageGRID システムのプライマリ管理ノードを導入しておきます。

  • StorageGRID アプライアンスインストーラの IP 設定ページに表示されるすべてのグリッドネットワークサブネットが、プライマリ管理ノードのグリッドネットワークサブネットリストで定義されている。

  • サポートされている Web ブラウザがインストールされたサービスラップトップを用意しておきます。

各ストレージアプライアンスは単一のストレージノードとして機能します。すべてのアプライアンスは、グリッドネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアントネットワークに接続できます

StorageGRID システムにアプライアンスストレージノードを導入するには、 StorageGRID アプライアンスインストーラにアクセスして次の手順を実行します。

  • プライマリ管理ノードの IP アドレスおよびストレージノードの名前を指定または確認します。

  • 導入を開始し、ボリュームの設定とソフトウェアのインストールが完了するまで待機します。

  • アプライアンスインストールタスクの途中でインストールが一時停止した場合は、 Grid Manager にサインインしてすべてのグリッドノードを承認し、 StorageGRID のインストールプロセスと導入プロセスを完了すると、インストールを再開できます。

注記 一度に複数のアプライアンス・ノードを導入する必要がある場合は 'configure-sSGA .py アプライアンス・インストール・スクリプトを使用して ' インストール・プロセスを自動化できます
  • 拡張またはリカバリ処理を実行する場合は、該当する手順に従います。

    • 既存の StorageGRID システムにアプライアンスストレージノードを追加する場合は、 StorageGRID システムの拡張手順を参照してください。

    • リカバリ処理の一環としてアプライアンスストレージノードを導入する場合は、リカバリとメンテナンスの手順を参照してください。

手順
  1. ブラウザを開き、アプライアンスのコンピューティングコントローラの IP アドレスのいずれかを入力します。+* https://Controller_IP:8443*

    StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。

    他のタイプのノード(管理ノード以外)用のアプライアンスインストーラのホームページ
  2. 「 * プライマリ管理ノード接続 * 」セクションで、プライマリ管理ノードの IP アドレスを指定する必要があるかどうかを判断します。

    このデータセンターに他のノードがすでにインストールされている場合は、プライマリ管理ノードまたは ADMIN_IP が設定された少なくとも 1 つのグリッドノードが同じサブネットにあるという想定で、 StorageGRID アプライアンスインストーラがこの IP アドレスを自動的に検出します。

  3. この IP アドレスが表示されない場合や変更する必要がある場合は、アドレスを指定します。

    オプション 説明

    IP を手動で入力します

    1. Enable Admin Node discovery * チェックボックスの選択を解除します。

    2. IP アドレスを手動で入力します。

    3. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    4. 新しい IP アドレスの接続状態が READY になるまで待ちます。

    接続されたすべてのプライマリ管理ノードの自動検出

    1. Enable Admin Node discovery * チェックボックスを選択します。

    2. 検出された IP アドレスのリストが表示されるまで待ちます。

    3. このアプライアンスストレージノードを導入するグリッドのプライマリ管理ノードを選択します。

    4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    5. 新しい IP アドレスの接続状態が READY になるまで待ちます。

  4. [* Node name* (ノード名 * ) ] フィールドに、このアプライアンスノードに使用する名前を入力し、 [ * Save * (保存) ] をクリックします。

    このノード名は、 StorageGRID システムでこのアプライアンスノードに割り当てられ、このタブは、 Grid Manager のノードページ(概要タブ)に表示されます。ノードを承認するときに、必要に応じて、この名前を変更できます。

  5. [Installation ] セクションで、現在の状態が「プライマリ管理ノード「 admin_ip` 」を使用したグリッドへの 'node name' のインストールを開始する準備ができている」であり、「インストールの開始」ボタンが有効になっていることを確認します。

    [Start Installation* (インストールの開始) ] ボタンが有効になっていない場合は、ネットワーク設定またはポート設定の変更が必要になることがあります。手順については、使用しているアプライアンスのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。

    注記 ストレージノードアプライアンスをノードクローニングターゲットとして導入する場合は、ここで導入プロセスを停止して、リカバリとメンテナンスのためにノードクローニング手順 を継続します。
  6. StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページで、 * インストールの開始 * をクリックします。

    現在の状態が「 Installation is in progress 」に変わり、「 Monitor Installation 」ページが表示されます。

    注記 モニタのインストールページに手動でアクセスする必要がある場合は、 * モニタのインストール * をクリックします。
  7. グリッドに複数のアプライアンスストレージノードがある場合は、アプライアンスごとに上記の手順を繰り返します。

    注記 一度に複数のアプライアンス・ストレージ・ノードを導入する必要がある場合は 'configure-sSGA .py アプライアンス・インストール・スクリプトを使用して ' インストール・プロセスを自動化できます