日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスアプライアンスのインストール(プラットフォーム変更のみ)

寄稿者

交換用ノードに SG100 または SG1000 サービスアプライアンスを使用していた、 VMware または Linux ホストでホストされていた障害グリッドノードをリカバリする場合は、最初に障害ノードと同じノード名を使用して新しいアプライアンスハードウェアを設置する必要があります。

障害ノードに関する次の情報が必要です。

  • * ノード名 * :障害が発生したノードと同じノード名を使用してサービスアプライアンスをインストールする必要があります。

  • * IP アドレス * :障害が発生したノードと同じ IP アドレスをサービスアプライアンスに割り当てることができます。これは推奨されるオプションであり、各ネットワークで新しい未使用の IP アドレスを選択することもできます。

この手順 は、 VMware または Linux でホストされていた障害ノードをサービスアプライアンスでホストされているノードと交換してリカバリする場合にのみ実行してください。

  1. 新しい SG100 または SG1000 サービスアプライアンスの設置手順に従ってください。

  2. ノード名の入力を求められたら、障害ノードのノード名を使用します。