日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスアプライアンスのファンを交換します

寄稿者

サービスアプライアンスには、 8 つの冷却ファンがあります。いずれかのファンで障害が発生した場合は、アプライアンスの冷却が適切に行われるように、できるだけ早く交換する必要があります。

必要なもの

ファンの交換中は、アプライアンスノードにアクセスできなくなります。

次の図は、サービスアプライアンスのファンを示しています。アプライアンスの上部カバーを取り外すと、冷却ファンがあります。

注記 2 つの電源装置にもそれぞれファンが搭載されています。これらのファンはこの手順 には含まれていません。
ファン FRU
手順
  1. アプライアンスをメンテナンスモードにしたら、アプライアンスをシャットダウンします。

    1. グリッドノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

        root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    2. サービス・アプライアンスをシャットダウンします +*shutdown-h now *

  2. 次のいずれかの方法を使用して、サービスアプライアンスの電源がオフになっていることを確認します。

    • アプライアンスの前面にある電源 LED が消灯している。

    • BMC インターフェイスの電源制御ページに、アプライアンスがオフになっていることが示されます。

  3. アプライアンスをラックから引き出します。

  4. 上部カバーのラッチを持ち上げて、アプライアンスからカバーを取り外します。

  5. 障害が発生しているファンを特定します。

    ファンの位置
  6. 障害が発生したファンをシャーシから取り出します。

    ファンの取り外し
  7. 交換用ファンをシャーシのオープンスロットにスライドさせて挿入します。

    ファンの端をガイドピンに合わせます。ピンは写真の丸で囲んでいます。

    ファンガイドピン
  8. ファンのコネクタを回路基板にしっかりと押し込みます。

    ファンコネクタの点検
  9. 上部カバーをアプライアンスに戻し、ラッチを押し下げてカバーを所定の位置に固定します。

  10. アプライアンスの電源を入れ、コントローラの LED とブート時のコードを監視します。

    BMC インターフェイスを使用して、ブート時のステータスを監視します。

  11. アプライアンスノードが Grid Manager に表示され、アラートが表示されていないことを確認します。