日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グリッドノードの運用停止に関する考慮事項

寄稿者

この手順 を開始して 1 つ以上のノードの運用を停止する前に、各タイプのノードが削除された場合の影響を理解しておく必要があります。ノードの運用が正常に停止されると、ノードのサービスが無効になり、ノードが自動的にシャットダウンされます。

StorageGRID が無効な状態になる場合は、ノードの運用を停止できません。次のルールが適用されます。

  • プライマリ管理ノードは運用停止できません。

  • アーカイブノードは運用停止できません。

  • ネットワークインターフェイスの 1 つが High Availability ( HA ;高可用性)グループに属している場合は、管理ノードまたはゲートウェイノードの運用を停止できません。

  • 削除することで ADC クォーラムに影響を与えるストレージノードは、運用停止できません。

  • アクティブな ILM ポリシーに必要なストレージノードは運用停止できません。

  • 1 つのノードの運用停止手順 では、 10 個を超えるストレージノードの運用を停止しないでください。

  • 切断されているノード(健全性が「 Unknown 」または「 Administratively Down 」のノード)がグリッドに含まれている場合は、接続されているノードの運用を停止できません。切断されているノードは、運用停止するかリカバリしておく必要があります。

  • グリッド内に切断されているノードが複数ある場合は、それらのノードをすべて同時に運用停止する必要があるため、予期しない結果になる可能性があります。

  • 切断されているノードを削除できない場合( ADC クォーラムに必要なストレージノードなど)は、切断されている他のノードを削除できません。

  • 古いアプライアンスを新しいアプライアンスに交換する場合は、を検討してください アプライアンスノードのクローニング 古いノードの運用を停止して新しいノードを追加する代わりに、拡張を行います。

重要 運用停止手順での指示があるまでは、グリッドノードの仮想マシンやその他のリソースを削除しないでください。