日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Grid Manager の詳細を見る

寄稿者

Grid Manager はブラウザベースのグラフィカルインターフェイスで、 StorageGRID システムの設定、管理、監視に使用できます。

Grid Manager にサインインすると、管理ノードに接続されます。各 StorageGRID システムには、 1 つのプライマリ管理ノードと、任意の数のプライマリ以外の管理ノードが含まれています。どの管理ノードにも接続が可能で、各管理ノードに表示される StorageGRID システムのビューもほぼ同じです。

を使用して Grid Manager にアクセスできます サポートされている Web ブラウザ

Grid Manager ダッシュボード

Grid Manager に初めてサインインするときは、ダッシュボードを使用してシステムのアクティビティを一目で監視できます。

ダッシュボードには、システムの健常性、ストレージの使用状況、 ILM プロセス、 S3 および Swift 処理に関する概要情報が表示されます。

Grid Manager のダッシュボード

各パネルの情報の説明については、ヘルプアイコンをクリックしてください 疑問符アイコン をクリックしてください。

検索フィールド

ヘッダーバーの * Search * フィールドを使用すると、 Grid Manager 内の特定のページにすばやく移動できます。たとえば、「 * KM * 」と入力して、 Key Management Server ( KMS )ページにアクセスできます。* Search * を使用して、 Grid Manager のサイドバーおよび設定、メンテナンス、サポートの各メニューでエントリを検索できます。

[ アラート ] メニュー

[Alerts] メニューには、 StorageGRID の動作中に発生する可能性のある問題を検出、評価、解決するための使いやすいインターフェイスが用意されています。

アラートメニュー

[Alerts] メニューでは ' 次の操作を実行できます

  • 現在のアラートを確認します

  • 解決済みのアラートを確認

  • サイレンスを設定してアラート通知を停止する

  • アラートをトリガーする条件のアラートルールを定義

  • アラート通知用の E メールサーバを設定します

Nodes ヘエシ

Nodes ページには、グリッド全体、グリッド内の各サイト、およびサイトの各ノードに関する情報が表示されます。

ノードのホームページには、グリッド全体の複数の指標の合計が表示されます。特定のサイトまたはノードの情報を表示するには、サイトまたはノードを選択します。

Nodes ページメイン

テナントページ

テナントページでは、 StorageGRID システムのストレージテナントアカウントを作成および監視できます。オブジェクトの格納と読み出しを実行できるユーザを指定し、どの機能を利用可能とするかを指定するには、少なくとも 1 つのテナントアカウントを作成する必要があります。

テナントページには、使用されているストレージの容量やオブジェクトの数など、各テナントの使用状況の詳細も表示されます。テナントの作成時にクォータを設定すると、そのクォータのうちどれくらいが使用されているかを確認できます。

[Tenants Menu and Page]

ILM メニュー

ILM メニューでは、データの保持と可用性を制御する情報ライフサイクル管理( ILM )のルールとポリシーを設定できます。オブジェクト ID を入力して、そのオブジェクトのメタデータを表示することもできます。

ILM のメニューとページ

設定メニュー

[Configuration] メニューでは、ネットワーク設定、セキュリティ設定、システム設定、モニタリングオプション、およびアクセスコントロールオプションを指定できます。

Configuration Menu (設定メニュー)

メンテナンスメニュー

Maintenance (メンテナンス)メニューでは、メンテナンスタスク、システムメンテナンス、およびネットワークメンテナンスを実行できます。

メンテナンスメニューとページ

タスク

保守作業には次のものが含ま

  • 運用停止処理:使用されていないグリッドノードとサイトを削除します。

  • 新しいグリッドノードとサイトを追加するための拡張処理。

  • 障害が発生したノードの交換とデータのリストアに使用するリカバリ処理。

  • オブジェクトの有無は、オブジェクトデータの有無(正確性ではなく)を確認するためにチェックされます。

システム

実行可能なシステムメンテナンスタスクには、次のものがあります。

  • 現在の StorageGRID ライセンスの詳細を確認するか、新しいライセンスをアップロードしています。

  • リカバリパッケージを生成しています。

  • 選択したアプライアンスで、ソフトウェアのアップグレード、ホットフィックス、 SANtricity OS ソフトウェアの更新など、 StorageGRID ソフトウェアの更新を実行する。

ネットワーク

実行できるネットワークメンテナンス作業には、次のものがあります。

  • DNS サーバの情報を編集します。

  • グリッドネットワークで使用されるサブネットを設定します。

  • NTP サーバの情報を編集しています。

サポートメニュー

Support (サポート)メニューには、テクニカルサポートがシステムの分析とトラブルシューティングに役立つオプションが表示されます。[ サポート ] メニューには、 [ ツール ] と [ アラーム ] (レガシー)の 2 つの部分があります。

サポートメニュー

ツール

[ サポート( Support ) ] メニューの [ ツール( Tools ) ] セクションから、次の操作を実行できます。

  • AutoSupport を有効にします。

  • グリッドの現在の状態に対して一連の診断チェックを実行します。

  • グリッドトポロジツリーにアクセスして、グリッドノード、サービス、および属性に関する詳細情報を表示します。

  • ログファイルとシステムデータを取得します。

  • 詳細な指標やチャートを確認

    重要 [*Metrics] オプションで使用できるツールは、テクニカル・サポートが使用することを目的としています。これらのツールの一部の機能およびメニュー項目は、意図的に機能しないようになっています。

アラーム(レガシー)

サポートメニューのアラーム(レガシー)セクションでは、現在、過去、グローバルのアラームを確認したり、カスタムイベントを設定したり、従来のアラームと AutoSupport の E メール通知を設定したりできます。

注記 従来のアラームシステムは引き続きサポートされますが、アラートシステムには大きなメリットがあり、使いやすくなっています。

ヘルプメニュー

ヘルプオプションを使用すると、最新リリースの StorageGRID ドキュメントセンターや API ドキュメントにアクセスできます。現在インストールされている StorageGRID のバージョンを確認することもできます。

ヘルプメニュー
詳細はこちら。