日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージノードの障害からリカバリします

寄稿者

障害ストレージノードをリカバリする手順 は、障害のタイプおよび障害が発生したストレージノードのタイプによって異なります。

次の表を参照して、障害が発生したストレージノードのリカバリ手順 を選択してください。

問題 アクション 注:
  • 複数のストレージノードで障害が発生した。

  • ストレージノードの障害またはリカバリ後 15 日たたたないうちに 2 つ目のストレージノードで障害が発生した

    これには、別のストレージノードのリカバリ中にストレージノードで障害が発生した場合が含まれます。

テクニカルサポートに連絡する必要があります。

障害が発生したすべてのストレージノードが同じサイトにある場合は、サイトリカバリ手順 の実行が必要になる可能性があります。

テクニカルサポートは、お客様の状況を評価し、リカバリプランを作成します。

複数のストレージノード(または 15 日以内に複数のストレージノード)をリカバリすると、 Cassandra データベースの整合性に影響し、原因 のデータが失われる可能性があります。

2 つ目のストレージノードのリカバリを安全に開始できるタイミングはテクニカルサポートが判断します。

  • 注: 1 つのサイトで ADC サービスを含む複数のストレージノードに障害が発生すると、そのサイトに対する保留中のプラットフォームサービス要求はすべて失われます。

ストレージノードが 15 日以上オフラインになっている。

この手順 は、 Cassandra データベースの整合性を確保するために必要です。

アプライアンスストレージノードで障害が発生した。

アプライアンスストレージノードのリカバリ手順 は、すべての障害で同じです。

ストレージボリュームで障害が発生したが、システムドライブには損傷がない

この手順 はソフトウェアベースのストレージノードに使用されます。

システムドライブで障害が発生した。

ノード交換用手順 は、導入プラットフォーム、およびストレージボリュームに障害が発生しているかどうかによって異なります。

注記 一部の StorageGRID リカバリ手順では、 Reaper を使用して Cassandra の修復を処理します。関連サービスまたは必要なサービスが開始されるとすぐに修理が自動的に行われます。スクリプトの出力には、「 reaper 」または「 Cassandra repair 」が含まれていることがあります。 修復が失敗したことを示すエラーメッセージが表示された場合は、エラーメッセージに示されたコマンドを実行します。