日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000-CN コントローラをシャットダウンします

寄稿者

ハードウェアのメンテナンスを実行するには、 SG6000-CN コントローラをシャットダウンします。

必要なもの

サービスの中断を回避するには、他のすべてのストレージノードがグリッドに接続されていることを確認してから、コントローラをシャットダウンするか、スケジュールされたメンテナンス期間中にサービスの停止期間が許容される場合はコントローラをシャットダウンします。情報ライフサイクル管理を使用してオブジェクトを管理する手順のノード接続状態の確認に関する情報を参照してください。

重要 オブジェクトのコピーを 1 つだけ作成する ILM ルールを使用したことがある場合は、スケジュールされたメンテナンス時間中にコントローラをシャットダウンする必要があります。そうしないと、この手順 中にオブジェクトへのアクセスが一時的に失われる可能性があります。

+ 情報ライフサイクル管理を使用したオブジェクトの管理に関する情報を参照してください

手順
  1. アプライアンスをメンテナンスモードにしたら、 SG6000-CN コントローラをシャットダウンします。

    注意 以下に示すコマンドを入力して、コントローラの制御シャットダウンを実行する必要があります。電源スイッチを使用してコントローラをシャットダウンすると、データが失われます。
    1. PuTTY または別の SSH クライアントを使用して、グリッドノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

        root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    2. SG6000-CN コントローラをシャットダウンします。 +* shutdown-h now *

      このコマンドの実行には 10 分程度かかる場合があります。

  2. 次のいずれかの方法を使用して、 SG6000-CN コントローラの電源がオフになっていることを確認します。

    • コントローラ前面の青色の電源 LED が消灯していることを確認します。

      SG6060 の前面パネルの電源 LED オフ
    • コントローラ背面の両方の電源装置の緑の LED を確認し、一定の速度で点滅することを確認します( 1 秒あたり約 1 回点滅)。

      SG6060 の背面パネルの電源 LED
    • コントローラの BMC インターフェイスを使用します。

      1. コントローラの BMC インターフェイスにアクセスします。

      2. 「 * 電源制御 * 」を選択します。

      3. 電源操作でホストが現在オフになっていることを確認します。

        BMC 電源制御ページ - コントローラがオフになっています