日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オプション:ノード暗号化を有効にします

寄稿者

ノードの暗号化を有効にすると、アプライアンス内のディスクを安全なキー管理サーバ( KMS )暗号化によってサイト内での物理的な損失やデータの削除から保護することができます。アプライアンスのインストール時にノード暗号化を選択して有効にする必要があります。また、 KMS 暗号化プロセスが開始されると、ノード暗号化の選択を解除できません。

StorageGRID の管理手順の KMS に関する情報を確認します。

ノード暗号化が有効になっているアプライアンスは、 StorageGRID サイト用に設定されている外部キー管理サーバ( KMS )に接続します。各 KMS (または KMS クラスタ)は、サイトにあるすべてのアプライアンスノードの暗号化キーを管理します。これらのキーは、ノード暗号化が有効なアプライアンスで、各ディスク上のデータを暗号化および復号化します。

Grid Manager StorageGRID では、アプライアンスのインストール前またはインストール後に KMS を設定できます。詳細については、 StorageGRID の管理手順の KMS とアプライアンスの設定に関する情報を参照してください。

  • アプライアンスをインストールする前に KMS を設定すると、 KMS で制御される暗号化が開始されます。この暗号化は、アプライアンスでノード暗号化を有効にし、 KMS が設定されている StorageGRID サイトに追加します。

  • アプライアンスをインストールする前に KMS が設定されていない場合は、 KMS が設定され、アプライアンスノードを含むサイトで利用可能になった時点で、ノード暗号化が有効になっている各アプライアンスで KMS 制御された暗号化が実行されます。

重要 ノード暗号化が有効になっているアプライアンスで KMS に接続する前に存在するデータは、セキュアでない一時キーで暗号化されます。キーが KMS から提供される値に設定されるまで、アプライアンスの取り外しや盗難は防止されません。

ディスクの復号化に KMS キーが必要な場合を除いて、アプライアンス上のデータを取得することはできず、データが実質的に失われます。これは、 KMS から復号化キーを取得できない場合に発生します。このキーにアクセスできなくなるのは、KMSの設定をクリアするか、KMSキーの有効期限が切れるか、KMSへの接続が失われるか、KMSキーがインストールされているStorageGRID システムからアプライアンスを削除するとです。

手順
  1. ブラウザを開き、アプライアンスのコンピューティングコントローラの IP アドレスのいずれかを入力します。

    「 * https://Controller_IP:8443*` 」と入力します

    Controller_IP` 」は、 3 つの StorageGRID ネットワークのいずれか上のコンピューティング・コントローラ(ストレージ・コントローラではない)の IP アドレスです。

    StorageGRID アプライアンスインストーラのホームページが表示されます。

    重要 アプライアンスを KMS キーで暗号化すると、アプライアンスディスクを復号化する際に同じ KMS キーを使用する必要がなくなります。
  2. Configure Hardware * > * Node Encryption * を選択します。

    KMS FDE が有効かどうか
  3. [ ノード暗号化を有効にする *] を選択します。

    アプライアンスをインストールする前に、データ損失のリスクなしにノード暗号化を有効にする * を選択解除できます。インストールが開始されると、アプライアンスノードは StorageGRID システム内の KMS 暗号化キーにアクセスして、ディスク暗号化を開始します。アプライアンスのインストール後、ノード暗号化を無効にすることはできません。

    重要 KMS を含む StorageGRID サイトにノード暗号化が有効になっているアプライアンスを追加すると、そのノードで KMS 暗号化を使用するのを停止することはできません。
  4. [ 保存( Save ) ] を選択します。

  5. アプライアンスを StorageGRID システムのノードとして導入します。

    KMS で制御される暗号化は、アプライアンスが StorageGRID サイト用に設定されている KMS キーにアクセスすると開始されます。KMS 暗号化プロセス中にインストーラによって進捗状況のメッセージが表示されます。この処理には、アプライアンス内のディスクボリュームの数によっては数分かかることがあります。

    注記 アプライアンスは、最初に各ディスクボリュームにランダムな KMS 以外の暗号化キーを割り当てて構成します。ディスクはこの一時的な暗号化キーを使用して暗号化されます。このキーは、ノード暗号化が有効になっているアプライアンスが StorageGRID サイト用に設定されている KMS キーにアクセスするまではセキュリティ保護されません。

アプライアンスノードがメンテナンスモードのときに使用されているノード暗号化ステータス、 KMS の詳細、および証明書を確認できます。