日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6060とSG6060X:ドライブの設置

寄稿者

60 ドライブシェルフをキャビネットまたはラックに設置したら、シェルフに 60 本のドライブをすべて取り付ける必要があります。E2860 コントローラシェルフには SSD ドライブが 2 本同梱されており、これらをコントローラシェルフ上段のドロワーに取り付ける必要があります。オプションの拡張シェルフには HDD ドライブが 60 本同梱されていますが、 SSD ドライブは同梱され

E2860 コントローラシェルフまたはオプションの拡張シェルフ( 1 台または 2 台)をキャビネットまたはラックに設置しておきます。

注意 ハードウェアの損傷を避けるため、ドライブを取り付けた状態でシェルフを移動しないでください。シェルフを移動する前に、ドライブをすべて取り外す必要があります。
手順
  1. ESD リストバンドのストラップの端を手首に巻き付け、静電気の放電を防ぐためにクリップの端をメタルアースに固定します。

  2. ドライブをパッケージから取り出します。

  3. 上部ドライブドロワーのレバーを解放し、レバーを使用してドロワーを引き出します。

  4. 2 本の SSD ドライブを確認します。

    注記 拡張シェルフでは SSD ドライブを使用しません。
  5. 各ドライブのハンドルを垂直な位置まで持ち上げます。

  6. 2 本の SSD ドライブをスロット 0 と 1 (ドロワーの左側にある最初の 2 つのスロット)に取り付けます。

  7. 各ドライブをスロットに慎重に配置し、持ち上げたドライブのハンドルをカチッと所定の位置に収まるまで下げます。

    ドライブを取り付けます
  8. 10 本の HDD ドライブを上段のドロワーに取り付けます。

  9. ドロワーの中央を押し、両方のレバーを静かに閉じてドロワーを元の位置に戻します。

    重要 しっかりはまったら、ドロワーを押すのを止めます。ドロワーの前面にあるリリースレバーを使ってドロワーを引き出します。次に、ドロワーを慎重にスロットに挿入し直します。
  10. 残りの 4 つのドロワーに HDD ドライブを取り付ける場合は、上記の手順を繰り返します。

    重要 正しく動作させるためには、 60 本のドライブをすべて取り付ける必要があります。
  11. 前面ベゼルをシェルフに取り付けます。

  12. 拡張シェルフを使用する場合は、上記の手順を繰り返して、それぞれの拡張シェルフの各ドロワーに HDD ドライブを 12 本取り付けます。

  13. キャビネットまたはラックに SG6000-CN を設置する手順に進みます。