日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デフォルトの ILM ルールを作成します

寄稿者

ILM ポリシーを作成する前に、デフォルトルールを作成して、ポリシー内の別のルールに一致しないオブジェクトを配置する必要があります。デフォルトルールではフィルタを使用できません。すべてのテナント、すべてのバケット、およびすべてのオブジェクトバージョンに適用する必要があります。

必要なもの

デフォルトルールは ILM ポリシーで評価される最後のルールであるため、フィルタも参照時間も使用できません。デフォルトルールの配置手順は、ポリシー内の別のルールに一致しないオブジェクトに適用されます。

次のポリシーの例では、最初のルールがテナント A に属するオブジェクトにのみ適用されますデフォルトルールである最後のルールは、他のすべてのテナントアカウントに属する環境 オブジェクトです。

ILM ポリシーページのデフォルトルール

デフォルトルールを作成するときは、次の要件に注意してください。

  • デフォルトのルールは、ポリシーの最後のルールとして自動的に配置されます。

  • デフォルトルールでは、基本フィルタまたは詳細フィルタは使用できません。

  • デフォルトルールはすべてのオブジェクトバージョンに適用される必要があるため、最新でない時間参照時間を使用することはできません。

  • デフォルトのルールでレプリケートコピーを作成する必要があります。

    重要 イレイジャーコーディングコピーを作成するルールはポリシーのデフォルトルールとして使用しないでください。イレイジャーコーディングルールでは、高度なフィルタを使用して、小さなオブジェクトがイレイジャーコーディングされないようにします。
  • 一般に、デフォルトルールではオブジェクトを無期限に保持する必要があります。

  • S3 オブジェクトのグローバルロック設定を使用している(または有効にする)場合は、アクティブポリシーまたはドラフトポリシーのデフォルトルールが準拠している必要があります。

手順
  1. [* ILM*>* Rules] を選択します。

    ILM ルールページが表示されます。

  2. 「 * Create * 」を選択します。

    Create ILM Rule ウィザードの Step 1 ( Define Basics )が表示されます。

  3. [* 名前 *] フィールドに、ルールの一意の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、ルールの短い概要 を * 概要 * フィールドに入力します。

  5. [* Tenant Accounts] フィールドは空白のままにします。

    デフォルトのルールをすべてのテナントアカウントに適用する必要があります。

  6. Bucket Name * フィールドは空白のままにします。

    デフォルトルールは、すべての S3 バケットと Swift コンテナに適用する必要があります。

  7. 「 * 高度なフィルタリング * 」は選択しないでください

    デフォルトルールでフィルタを指定することはできません。

  8. 「 * 次へ * 」を選択します。

    ステップ 2 (配置を定義)が表示されます。

  9. 参照時間には、「 noncurrent Time * 」以外の任意のオプションを選択します。

    デフォルトのルールは、すべてのオブジェクトバージョンを適用する必要があります。

  10. デフォルトルールの配置手順を指定します。

    • デフォルトルールではオブジェクトを無期限に保持する必要があります。デフォルトルールによってオブジェクトが無期限に保持されない場合、新しいポリシーをアクティブ化すると警告が表示されます。これが想定どおりの動作であることを確認する必要があります。

    • デフォルトのルールでレプリケートコピーを作成する必要があります。

      重要 イレイジャーコーディングコピーを作成するルールはポリシーのデフォルトルールとして使用しないでください。イレイジャーコーディングルールでは、高度なフィルタ「 * Object Size ( MB ) than 0.2 」を含めて、小さいオブジェクトがイレイジャーコーディングされないようにします。
    • S3 オブジェクトのグローバルロック設定を使用している(または有効にする)場合は、デフォルトルールが準拠している必要があります。

      • 2 つ以上のレプリケートオブジェクトコピーまたは 1 つのイレイジャーコーディングコピーを作成する。

      • これらのコピーが、配置手順の各ラインの間、ストレージノード上に存在している必要があります。

      • オブジェクトコピーをクラウドストレージプールに保存することはできません。

      • オブジェクトコピーをアーカイブノードに保存することはできません。

      • 配置手順の少なくとも 1 行は、参照時間として取り込み時間を使用して 0 日目から開始する必要があります。

      • 配置手順の少なくとも 1 行は「無期限」である必要があります。

  11. [* 更新 * ] を選択して保持図を更新し ' 配置手順を確認します

  12. 「 * 次へ * 」を選択します。

    ステップ 3 (取り込み動作の定義)が表示されます。

  13. オブジェクトの取り込み時に使用するデータ保護オプションを選択し、 * 保存 * を選択します。