日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージノードの追加後にイレイジャーコーディングデータをリバランシングします

寄稿者

場合によっては、新しいストレージノードを追加したあとにイレイジャーコーディングデータのリバランシングが必要になることがあります。

必要なもの
  • 新しいストレージノードを追加する拡張手順が完了している。

  • を確認しておきます イレイジャーコーディングデータのリバランシングに関する考慮事項

    重要 この手順 は、サイトの 1 つ以上のストレージノードに対して * Low Object Storage * アラートがトリガーされ、推奨数の新しいストレージノードを追加できなかった場合にのみ実行してください。
  • レプリケートされたオブジェクトデータがこの手順 によって移動されることはなく、イレイジャーコーディングデータの移動先を特定する際に、 EC 手順 が各ストレージノードでレプリケートされたデータの使用量を考慮しないことを理解しておきます。

  • 「 passwords.txt 」ファイルがあります。

EC のリバランシング手順 が実行されている場合、 ILM 処理と S3 および Swift クライアント処理のパフォーマンスに影響する可能性があります。そのため、この手順 は限られた場合にのみ実行してください。

注記 EC のリバランシングによって、手順 が一時的に大量のストレージをリザーブします。ストレージアラートがトリガーされる場合がありますが、リバランシングが完了すると解決します。予約に十分なストレージがない場合、 EC のリバランシング手順 は失敗します。ストレージ予約は、手順 が失敗したか成功したかに関係なく、 EC のリバランシング手順 が完了したときに解放されます。
注記

オブジェクト(またはオブジェクトパーツ)をアップロードするために S3 および Swift API 処理を実行すると、 EC のリバランシング中に 24 時間以上かかる場合に手順 のリバランシングが失敗することがあります。該当する ILM ルールの取り込みに Strict または Balanced 配置が使用されている場合、長時間の PUT 処理は失敗します。次のエラーが報告されます。

500 Internal Server Error( 内部サーバエラー

手順
  1. [[review_object_storage] ] リバランシングするサイトの現在のオブジェクトストレージの詳細を確認します。

    1. [* nodes (ノード) ] を選択します

    2. サイトで最初のストレージノードを選択します。

    3. [ * ストレージ * ] タブを選択します。

    4. Storage Used - Object Data チャートにカーソルを合わせて、ストレージノード上のレプリケートデータとイレイジャーコーディングデータの現在の量を表示します。

    5. 同じ手順を繰り返して、サイトの他のストレージノードを表示します。

  2. プライマリ管理ノードにログインします。

    1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@primary_Admin_Node_IP`

    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

  3. 次のコマンドを入力します。

    rebalance -datastart --site "site -name

    「 _site name _ 」には、新しいストレージ・ノードを追加した最初のサイトを指定します。「 site-name 」は引用符で囲みます。

    EC Rebalance 手順 が開始され、ジョブ ID が返されます。

  4. ジョブ ID をコピーします。

  5. EC Rebalance 手順 のステータスを監視します。

    • 単一の EC Rebalance 手順 のステータスを表示するには、次の手順を実行します

      rebalance -datastatus — job-id_job-id_`

      job-id には、手順 の起動時に返された ID を指定します。

    • 現在の EC Rebalance 手順 と、以前に完了した手順のステータスを表示するには、次の手順を実行します。

      「 rebalance - data status 」

    注記

    rebalance -dataコマンド のヘルプを表示するには、次の手順を実行します。

    「 rebalance -data—​help 」

    • 現在のジョブの完了までの推定時間と完了率を表示するには、 support>*Tools*>*Metrics* を選択します。次に、 Grafana のセクションで * EC Overview * を選択します。グリッド EC ジョブの完了予想時間 * ダッシュボードと * グリッド EC ジョブの完了率 * ダッシュボードを確認します。

  6. 返されたステータスに基づいて、追加の手順を実行します。

    • ステータスが「進行中」の場合、 EC の再バランス操作はまだ実行中です。手順 は、完了するまで定期的に監視する必要があります。

    • ステータスが [Failure] の場合は、を実行します 失敗の手順

    • ステータスが「 Success 」の場合は、を実行します 成功のステップ

  7. EC Rebalance 手順 によって大量の負荷が生成されている(取り込み処理に影響があるなど)場合は、手順 を一時停止します。

    rebalance -datapause — job-id_job-id_`

  8. EC のリバランシング手順 を終了する必要がある場合( StorageGRID ソフトウェアのアップグレードを実行できるようにする場合など)は、次のように入力します。

    rebalance -dataterminate — job-id_job-id_`

    注記 EC のリバランシング手順 を終了すると、移動済みのデータフラグメントは新しい場所に残ります。データは元の場所に戻されません。
  9. [[rebalance _fail]] EC rebalance 手順 のステータスが「 Failure 」の場合は、次の手順を実行します。

    1. サイトのすべてのストレージノードがグリッドに接続されていることを確認します。

    2. これらのストレージノードに影響している可能性があるアラートがないかどうかを確認し、解決してください。

      特定のアラートの詳細については、監視とトラブルシューティングの手順を参照してください。

    3. EC rebalance 手順 : +rebalance -datastart – job-id_job-id_ を再起動します

    4. EC Rebalance 手順 のステータスがまだ Failure の場合は、テクニカル・サポートに連絡してください。

  10. [[rebalance _cuccess] 手順 のステータスが「 Success 」の場合は、オプションで オブジェクトストレージを確認する をクリックすると、サイトの最新の詳細が表示されます。

    イレイジャーコーディングされたデータをサイトのストレージノード間でより均等に配置します。

  11. 複数のサイトでイレイジャーコーディングを使用している場合は、影響を受ける他のすべてのサイトに対してこの手順 を実行します。