日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000-CN コントローラのステータスインジケータとボタンを表示します

寄稿者

SG6000-CN コントローラには、次のインジケータやボタンなど、コントローラのステータスの確認に役立つインジケータが搭載されています。

前面のインジケータ - SG6000-CN
表示 説明

1.

電源ボタン

  • 青色:コントローラの電源がオンになっています。

  • off :コントローラの電源がオフになっています。

2.

リセットボタン

_ インジケータなし _

このボタンを使用して、コントローラのハードリセットを実行します。

3.

識別ボタン

  • 点滅または青で点灯:キャビネットまたはラック内のコントローラを示します。

  • 消灯:キャビネットやラック内のコントローラを目視で識別できません。

このボタンは、点滅、点灯、または消灯に設定できます。

4.

アラーム LED

  • アンバー:エラーが発生しました。

  • 注: * ブート時のコードとエラーコードを確認するには、 BMC インターフェイスにアクセスする必要があります。

  • 消灯:エラーはありません。

一般的なブートコード

SG6000-CN コントローラのブート時またはハードリセット後、次の処理が実行されます。

  1. ベースボード管理コントローラ( BMC )が、ブート処理のコード(発生したエラーを含む)を記録します。

  2. 電源ボタンが点灯します。

  3. ブート中にエラーが発生した場合は、アラーム LED が点灯します。

    ブート時のコードとエラーコードを表示するには、 BMC インターフェイスにアクセスする必要があります。