日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000-CN コントローラの電源をオンにして、動作を確認します

寄稿者

メンテナンスが完了したら、コントローラの電源をオンにします。

必要なもの
手順
  1. SG6000-CN コントローラの電源をオンにし、次のいずれかの方法でコントローラの LED とブート時のコードを監視します。

    • コントローラ前面の電源スイッチを押します。

      SG6060とSG6060Xの前面パネルの電源LED -オフ
    • コントローラの BMC インターフェイスを使用します。

      1. コントローラの BMC インターフェイスにアクセスします。

      2. 「 * 電源制御 * 」を選択します。

      3. [ サーバーの電源をオンにする *] を選択し、 [ アクションの実行 *] を選択します。

        BMC からコントローラの電源をオンにします

    BMC インターフェイスを使用して、起動ステータスを監視します。

  2. アプライアンスコントローラが Grid Manager に表示され、アラートがないことを確認します。

    コントローラが Grid Manager に表示されるまでに最大 20 分かかることがあります。

  3. 新しい SG6000-CN コントローラが完全に動作していることを確認します。

    1. PuTTY または別の SSH クライアントを使用して、グリッドノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

        root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    2. 次のコマンドを入力して、想定される出力が返されることを確認します。 +cat /sys/class/fc_host/* /port_state

      想定される出力:

      Online
      Online
      Online
      Online

      想定する出力が返されない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    3. 次のコマンドを入力して、想定される出力が返されることを確認します。 +cat /sys/class/fc_host/*/spea

      想定される出力:

    16 Gbit
    16 Gbit
    16 Gbit
    16 Gbit

    + 想定する出力が返されない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    1. Grid Manager のノードページで、アプライアンスノードがグリッドに接続されていてアラートがないことを確認する。

      注意 このアプライアンスに緑のアイコンが表示されていないかぎり、別のアプライアンスノードをオフラインにしないでください。
  4. オプション:前面ベゼルが取り外されている場合は、取り付けます。