日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SG6000-CN コントローラをキャビネットまたはラックに再度取り付けます

寄稿者

ハードウェアのメンテナンスが完了したら、コントローラをキャビネットまたはラックに再度取り付けます。

コントローラカバーを再度取り付けておきます。

手順
  1. 青色のレールを同時に押して両方のラックレールを外し、 SG6000-CN コントローラをラックに完全に挿入するまでスライドします。

    コントローラが途中でひっかかる場合は、シャーシの両側にある青いラッチを引いて、コントローラを奥までスライドさせます。

    SG6000 のスライド式レール
    注記 コントローラの電源を入れるまでは、前面ベゼルを取り付けないでください。
  2. コントローラの前面パネルの非脱落型ネジを締めて、コントローラをラックに固定します。

    SG6060 ラック固定ネジ
  3. ESD リストバンドのストラップの端を手首に巻き付け、静電気の放電を防ぐためにクリップの端をメタルアースに固定します。

  4. コントローラのデータケーブルと SFP+ または SFP28 トランシーバを再接続します。

    重要 パフォーマンスの低下を防ぐために、ケーブルをねじったり、折り曲げたり、はさんだり、踏みつけたりしないでください。
  5. コントローラの電源ケーブルを再接続します。

コントローラは再起動可能です。