日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプライアンスをケーブル接続( SG6000 )

寄稿者

ストレージコントローラを SG6000-CN コントローラに接続し、 3 台すべてのコントローラの管理ポートを接続して、 SG6000-CN コントローラのネットワークポートを StorageGRID のグリッドネットワークとオプションのクライアントネットワークに接続する必要があります。

必要なもの
  • アプライアンスに付属する 4 本の光ケーブルを使用して、 2 台のストレージコントローラを SG6000-CN コントローラに接続します。

  • 管理ポートを接続するための RJ-45 イーサネットケーブルを最低 4 本用意しておきます。

  • ネットワークポートに次のいずれかを設定しておきます。これらはアプライアンスには付属していません。

    • 4 つのネットワークポートを接続するための TwinAx ケーブルを 1~4 本。

    • ポートに光ケーブルを使用する場合は、 SFP+ または SFP28 トランシーバを 1~4 個。

      注意 * レーザー被ばくの危険性 * — SFP トランシーバを分解したり部品を取り外したりしないでください。レーザー被ばくのおそれがあります。

ここでは、次のアプライアンスのケーブル接続手順について説明します。

  • SG6060とSG6060X

  • SGF6024

SG6060またはSG6060Xをケーブル接続します

次の図は、SG6060とSG6060Xアプライアンスの3台のコントローラと、SG6000-CNのコンピューティングコントローラが上部に、E2800の2台のストレージコントローラが下部にある構成を示しています。

注記 SG6060にはE2800Aコントローラ、SG6060XにはE2800Bコントローラが搭載されています。E2800コントローラの仕様と機能はどちらのバージョンもインターコネクトポートの場所を除いて同じです。
注意 同じアプライアンスにE2800AコントローラとE2800Bコントローラを使用しないでください。
  • SG6060からE2800Aへの接続*

SG6060からE2800Aへの接続
  • SG6060XからE2800Bへの接続*

SG6060からE2800Bへの接続

SGF6024をケーブル接続します

次の図は、 SGF6024 アプライアンスの 3 台のコントローラを示しています。 SG6000-CN コンピューティングコントローラが上部に、 2 台の EF570 ストレージコントローラがコンピューティングコントローラの下側にそれぞれ配置されています。

SG6000 と SGF570 の接続
ポート ポートのタイプ 機能

1.

SG6000-CN コントローラの BMC 管理ポート

1GbE ( RJ-45 )

BMC インターフェイスにアクセスするネットワークに接続します。

2.

FC 接続ポート:

  • SG6000-CN コントローラで 4 つ

  • 各ストレージコントローラに 2 つ

16Gb/s FC 光ファイバ SFP+

各ストレージコントローラを SG6000-CN コントローラに接続します。

3.

SG6000-CN コントローラの 4 つのネットワークポート

10 / 25GbE

StorageGRID のグリッドネットワークおよびクライアントネットワークに接続します。

4.

SG6000-CN コントローラの管理ネットワークポート(図の P1 )

1GbE ( RJ-45 )

  • 重要: * このポートは 1000BASE-T / 全二重でのみ動作し、 10 メガビットまたは 100 メガビットの速度はサポートしません。

SG6000-CN コントローラを StorageGRID の管理ネットワークに接続します。

SG6000-CN コントローラの右端の RJ-45 ポート

1GbE ( RJ-45 )

  • 重要: * このポートは 1000BASE-T / 全二重でのみ動作し、 10 メガビットまたは 100 メガビットの速度はサポートしません。

  • 管理ネットワークへの冗長接続が必要な場合は、管理ポート 1 とボンディングできます。

  • 一時的なローカルアクセス用( IP 169.254.0.1 )に空けておくことができます。

  • DHCP によって割り当てられた IP アドレスを使用できない場合は、設置時に SG6000-CN コントローラをサービスラップトップに接続するためにを使用できます。

5.

各ストレージコントローラの管理ポート 1

1GbE ( RJ-45 )

SANtricity System Manager にアクセスするネットワークに接続します。

各ストレージコントローラの管理ポート 2

1GbE ( RJ-45 )

テクニカルサポート専用です。

手順
  1. イーサネットケーブルを使用して、 SG6000-CN コントローラの BMC 管理ポートを管理ネットワークに接続します。

    この接続はオプションですが、サポート用に接続することを推奨します。

  2. ストレージコントローラの 4 本の光ケーブルと 4 個の SFP+ トランシーバを使用して、各ストレージコントローラの 2 つの FC ポートを SG6000-CN コントローラの FC ポートに接続します。

  3. SG6000-CN コントローラのネットワークポートを、 TwinAx ケーブル、または光ケーブルと SFP+ または SFP28 トランシーバを使用して、適切なネットワークスイッチに接続します。

    注記 4 つのネットワークポートで同じリンク速度を使用する必要があります。10GbE のリンク速度を使用する場合は、 SFP+ トランシーバを取り付けます。25GbE のリンク速度を使用する場合は、 SFP28 トランシーバを取り付けます。
    • 固定ポートボンディングモード(デフォルト)を使用する場合は、次の表のように各ポートを StorageGRID のグリッドネットワークまたはクライアントネットワークに接続します。

      ポート 接続先

      ポート 1

      クライアントネットワーク(オプション)

      ポート 2

      Grid ネットワーク

      ポート 3

      クライアントネットワーク(オプション)

      ポート 4.

      Grid ネットワーク

    • アグリゲートポートボンディングモードを使用する場合は、 1 つ以上のネットワークポートを 1 つ以上のスイッチに接続します。単一点障害を回避するために、 4 つのポートのうち少なくとも 2 つを接続する必要があります。1 つの LACP ボンドに複数のスイッチを使用する場合は、スイッチが MLAG または同等の機能をサポートしている必要があります。

  4. StorageGRID の管理ネットワークを使用する場合は、 SG6000-CN コントローラの管理ネットワークポートをイーサネットケーブルで管理ネットワークに接続します。

  5. SANtricity System Manager の管理ネットワークを使用する場合は、各ストレージコントローラの管理ポート 1 ( P1 、左側の RJ-45 ポート)を、イーサネットケーブルで SANtricity System Manager の管理ネットワークに接続します。

    ストレージコントローラの管理ポート 2 ( P2 、右側の RJ-45 ポート)は使用しないでください。このポートはテクニカルサポート専用です。