日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID および FabricPool に関するその他のベストプラクティスです

寄稿者

FabricPool で使用する StorageGRID システムを設定する場合は、データの保存方法に影響する可能性があるグローバルオプションを設定しないでください。

オブジェクトの暗号化

StorageGRID の設定時に、他の StorageGRID クライアント( * configuration * > * System * > * Grid options * )でデータ暗号化が必要な場合は、グローバル * 格納オブジェクト暗号化 * 設定を有効にすることができます。FabricPool から StorageGRID に階層化されたデータはすでに暗号化されているため、 StorageGRID 設定を有効にする必要はありません。クライアント側の暗号化キーは ONTAP が所有します。

オブジェクトの圧縮

StorageGRID を設定する場合は、グローバル * 保存オブジェクトの圧縮 * 設定( * 設定 * > * システム * > * グリッドオプション * )を有効にしないでください。FabricPool から StorageGRID に階層化されたデータはすでに圧縮されています。「格納オブジェクトの圧縮」を有効にしても、オブジェクトのサイズはこれ以上縮小されません。

整合性レベル

FabricPool バケットの場合、推奨されるバケット整合性レベルは「 read-after-new-write 」です。 「利用可能」整合性レベルは推奨されません。を参照してください 整合性レベルを変更します

FabricPool による階層化

StorageGRID ノードがNetApp ONTAP システムから割り当てられたストレージを使用している場合は、ボリュームでFabricPool 階層化ポリシーが有効になっていないことを確認してください。たとえば、 StorageGRID ノードが VMware ホストで実行されている場合は、 StorageGRID ノードのデータストアの作成元ボリュームで FabricPool 階層化ポリシーが有効になっていないことを確認します。StorageGRID ノードで使用するボリュームで FabricPool による階層化を無効にすることで、トラブルシューティングとストレージの処理がシンプルになります。

重要 StorageGRID を使用して StorageGRID に関連するデータを FabricPool 自体に階層化しないでください。StorageGRID データを StorageGRID に階層化すると、トラブルシューティングと運用がより複雑になります。